« 30%割引は貴重!! | トップページ | 風邪を引いた… »

確かに謝罪は重要ですが…

私は会社で受発注の仕事をしているのですが、悲しいことにたまにミスを起こします。

先日、本社の発注担当者の変わりに発注を行ったとき、発注書のFAXが、相手に届いてなく、結果的にお客様への納品が期日に間に合わなかったというミスを起こしてしまったのですが、大概そのような場合、経理から理不尽な指示をされるのです。

今回も、お客様に謝罪と、納期の連絡をしてといわれたのですが……

確かにミスを起こしたのは私です。それについては弁明の余地はないのですが、発注したものが本社に納品されたのかされていないのかは、本社を離れている私には確認の仕様がないのです。
また、納期等の調整は本来営業の仕事で、こちらで勝手に連絡を取るというのは、営業の仕事を侵害することにもなりません。

確かに謝罪することは大切です。

ですが、お客様が求めているのでは、ミスをした人物に謝罪してもらうことではなく、会社としてそのミスをどうフォローするのかなのです。大体私が客だとして、「すいません。発注担当のものですが、私がミスをしてしまって申し訳ありません」ってわざわざ電話もらってもうれしくないです。

要するに、状況がいまいちつかめない状況にいる私がお客様に謝罪するよりも、営業に事情を説明して営業がお客様でうまく交渉できる状況を作ることが重要だと思うのです。

なんだかうちの会社には、ミスを個人の問題としか捉えない傾向があるのです。
「間違ったんだから謝って」、「自分の仕事なんだから自分で考えて」というのは、たしかに間違ってはいません。ですが、ここは学校じゃないです。会社という団体ということをもっと考えてほしいです。本当に…

|

« 30%割引は貴重!! | トップページ | 風邪を引いた… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/10519760

この記事へのトラックバック一覧です: 確かに謝罪は重要ですが…:

« 30%割引は貴重!! | トップページ | 風邪を引いた… »