« 理不尽な世の中と常日頃思わずにはいられない。 | トップページ | 事務所のトイレ »

あいかわらず揉める会社

相変わらず会社は、揉めています。

今度は棚卸しのことで業務が揉めています。

新人のパートさんが、やり方がわからず不安だともらしたこころ、教えたほうが起こられたということですが、そもそも、教える時間がまともになく、しかも通常業務の合間に教えろというのは無理があるというものです。

しかも、それで伝票の時間が遅くなると経理が怒るわけですし。

棚卸しだって、棚卸しの日の出荷を止めたり、伝票なしで届いた商品の伝票の到着を待って処理すれば、もっと狂いは少ないはずなのです。

そもそも、事務がほぼ全員新人から脱したばかりの状態で、新事務所の立ち上げだの営業の引継ぎだの、事務所ごとの発注だの無茶すれば狂いが出てくるのも当然なのです。

傍観していられないので、できるだけ積極的にかかわらなくてはならないのですが……やり方が間違っているというのなら、だれか正しいやり方を教えてください。

こっちは、半分以上てぐざりで覚えてきたのです。

|

« 理不尽な世の中と常日頃思わずにはいられない。 | トップページ | 事務所のトイレ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/10733615

この記事へのトラックバック一覧です: あいかわらず揉める会社:

« 理不尽な世の中と常日頃思わずにはいられない。 | トップページ | 事務所のトイレ »