« 学校に思う…… | トップページ | 母校もでした »

修復漏れ続々

高校の必要科目修復漏れのニュースが続いておりますが、本当馬鹿馬鹿しい上に可哀想だなと思うのは、結局こんな馬鹿なカリキュラムを組んだ学校の狙いは、より多くの生徒をいい大学に入れて学校としての実績をアップさせたいためであって、本当に生徒自身のことを考えているわけではないわけですよね。
実際、センター試験を控えた今の時期から補習を始めなければならず、結果的に生徒の受験勉強を思いっきり阻害する形になってしまったわけです。

高校は予備校ではありません。いい大学に受かりたいだけならば、いっそのこと大検をとって、高校に行かずに予備校でも通えばいいんです。大学に受かるための勉強であり、人生に役立つための勉強ではない受験勉強が私は大嫌いでした。

私は、そういう身を削るような受験勉強をしないでも入学できる短大に入り、結果的には大学に編入しました。県外の人には無名の大学ですが、学んだことは無駄ではありませんでしたし、今現在全うな仕事について、全うに稼いでいるわけです。

とっくに大学神話は崩壊しています。

今、若者に常識がないといわれていますが(二千年前の人間だって同じようなことをいっています)、結局常識のないように育てているのは、大人なんですよね。

|

« 学校に思う…… | トップページ | 母校もでした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/12435266

この記事へのトラックバック一覧です: 修復漏れ続々:

« 学校に思う…… | トップページ | 母校もでした »