« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

男鹿和雄展&ルドンの黒展を観てきました!

隅田川の花火大会の日(花火は見なかったけど)、日テレで特番が組まれていた日。東京都現代美術館に「男鹿和雄展」を見に行きました。地下鉄から10分歩くちょっと面倒な場所になりますが、展示室に大きな窓の開放感のある美術館です。

アニメ作品(主にジブリ)の背景を描かれて来た方の作品展示で、セルの乗っかっていない背景のみを見るという貴重な経験をさせてもらいました。

特に印象的なのが「おもひでぽろぽろ」、過去と現代では絵柄や色のトーンを変えているとどこかの記事で読んだことがあるのですが、あらためて背景を比較するとよくわかります。
特別に高校生までは無料の日でしたので、午後には長打の列が出来ていました。

もうひとつの目的だった岡本太郎の「明日の神話」も見ることが出来ました。とても迫力のある絵なので、立ち寄った際は是非とも鑑賞することをお勧めします。

もうひとつ観に行ったのが、Bunnkamuraの「ルドンの黒」展。オディロン・ルドンという19世紀の画家の展覧会で、目玉や顔だけといったちょっとグロテスクで愛嬌のある銅版画などが展示されていました。
ここにあるカフェ「ドゥ マゴ パリ」コーヒーが飲みたかったので、ランチを食べるもの目的でした。

どの後は、乙女ロードで夏コミカタログ等を購入といういつものコースでした。

服はいいものがぜんぜん見つからなかったのが残念なところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南欧の人になりたい

夏です。学生は夏休みです。お盆しか夏休みのない生活(就職)してから何年も経ちますが、いつもながら夏休みのある学生がうらやましいです。

勤務先も普通の企業なので、有給も夏休みもあることはあるのですが、地方営業所のため、人数は最小限しかいません。有給があるからって、一週間の休暇など申請したら、「このまま来なくていいよ」と冗談抜きで言われかねません。

夏休みや冬休みが10日くらいある企業もあることはあるのですが……就職できているなら、そもそもこんな愚痴はもらさないです。なんせ、二次就職で今の職場にどうにか滑り込んだ氷河期世代なので。

大体、日本人は働きすぎです。夏休みと冬休み以外にも、1週間の長期休暇を与えなければならないとか法律で決まりませんかね(友人の会社は夏休みと冬休みすらないので、それに比べればだいぶましなんですが)。

いっそのこと、バカンスの制度を日本も取り入れるべきなのです。

バカンス作ってくれるなら、その政党に私は間違いなく投票するでしょう。

バカンスのある欧米がうらやましいです。
いっそのことフランス人になりたいものです。

本当、どうにかなりませんかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原発はクリーンなのか……

大学に通っている頃に、東海村の臨界事故を経験しているので、原発事故は普通の人以上に嫌悪しています。

火力発電が大量のCo2を排出していることは理解しておりますが、廃棄物を半永久的に管理しなければならないし、万が一事故が発生したら広範囲(日本全土が汚染される可能性も十分あり)の原子力発電が本当にクりーンなエネルギーなのかは疑問です。

某SF大賞受賞作家が、近未来モノのライトノベルで日本全土が放射能汚染されている話を書いていますが、ありえそうなのが怖いところです。

今稼動している原発を廃止しろとかそこまでは言わないので、もうちょっと安全に配慮して欲しいものです。

疑問なのですが、原発推進派のうち、原発の近くに住んでいる人は何人いるのでしょう。案外、原発から離れた核シェルター完備の家に済んでいるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

散々な連休……

台風が通過したわけでもなく(大雨にはなりましたが)、地震の被害にあったわけでもないですが、散々な連休になりました。

まず土曜日の夜にとろろイモに当たり、日曜日は一日中おなかの調子が悪い状態でした。月曜日になったら熱まで出てきまして……何のための休日だったのでしょう。

いや、今現在も不自由な生活をされている被災地の方に比べればたいしたことではなかったのですが……来週は遊ぶぞ!! 必ず!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車輌保険料が上がっていた!!

半年ほど前、トラックに接触された事故のせいで車両保険の等級が下がっていました。ボーナスのたいしたことなかったし薄給の身にはつらいです。ガソリン代も上がる一方ですからね……

とりあえず宝くじでも買いに行きますか…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

舞妓Haaaan!!!を見てきました

1日はファースト・ディで料金1000円ということもあり、舞妓Haaaan!!!を見てきました。

舞妓が好きで舞妓さんとの野球拳を夢見てひたすら突っ走る男と、そんな男に捨てられ見返すために舞妓になる女、舞妓を憎むがごとく置屋荒らしをする男が繰り広げる喜劇(ちょっとだけ悲劇あり)。

あそこまで、シリアスに絡んでこない主人公も珍しいくらいひたすら主人公が別の方向に突っ走っていました。

個人的には版権ぎりぎりに見える映画のポスター(近年後悔された邦画にそっくりでした)がツボでした。

ひたすら、娯楽映画なので存分なく笑えました。劇中にでてくるあんさんのラーメンが滅茶苦茶おいしそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »