« 南欧の人になりたい | トップページ | 間が悪い! »

男鹿和雄展&ルドンの黒展を観てきました!

隅田川の花火大会の日(花火は見なかったけど)、日テレで特番が組まれていた日。東京都現代美術館に「男鹿和雄展」を見に行きました。地下鉄から10分歩くちょっと面倒な場所になりますが、展示室に大きな窓の開放感のある美術館です。

アニメ作品(主にジブリ)の背景を描かれて来た方の作品展示で、セルの乗っかっていない背景のみを見るという貴重な経験をさせてもらいました。

特に印象的なのが「おもひでぽろぽろ」、過去と現代では絵柄や色のトーンを変えているとどこかの記事で読んだことがあるのですが、あらためて背景を比較するとよくわかります。
特別に高校生までは無料の日でしたので、午後には長打の列が出来ていました。

もうひとつの目的だった岡本太郎の「明日の神話」も見ることが出来ました。とても迫力のある絵なので、立ち寄った際は是非とも鑑賞することをお勧めします。

もうひとつ観に行ったのが、Bunnkamuraの「ルドンの黒」展。オディロン・ルドンという19世紀の画家の展覧会で、目玉や顔だけといったちょっとグロテスクで愛嬌のある銅版画などが展示されていました。
ここにあるカフェ「ドゥ マゴ パリ」コーヒーが飲みたかったので、ランチを食べるもの目的でした。

どの後は、乙女ロードで夏コミカタログ等を購入といういつものコースでした。

服はいいものがぜんぜん見つからなかったのが残念なところです。

|

« 南欧の人になりたい | トップページ | 間が悪い! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/15947202

この記事へのトラックバック一覧です: 男鹿和雄展&ルドンの黒展を観てきました!:

« 南欧の人になりたい | トップページ | 間が悪い! »