« 台風被害大小 | トップページ | スパリゾートハワイアンズに行ってきました »

エヴァンゲリオン序感想(ネタばれ反転あり)

密林さんをのぞいたら、DVD-BOXがすごい値になっていました。あれはあくまで過去のBOXの再販のようなものらしいので、過去のBOX購入者では特に目新しいことはないそうなのですが……

当時、シンジと同世代だった自分も、今やミサトと大差ない年齢になってしまいました。もう12年経つのだから仕方ないのですが……

ただの総集編だろと思っている人は大間違いです。むしろ、最近パチンコでエヴァ知ったんだよなーという人より、リアルタイムでエヴァ見ていたよという人に見てもらいたいものです。

というわけで反転です。あくまで個人的な感想です。

エヴァは非常に好きな作品ですが、社会現象といえるヒットぶりにある種、引いてしまったことろはありました(斬新といわれていましたが、いやそれは既存のSFで使われているぞ。というのがけっこうありましたし。もちろん制作者はわかっているわけですけど)。
日本人って、SF映画は好きなくせに、SF小説は読まないんですよね。

TVシリーズは飽きるほど見ているのに、劇場版は気持ち悪くて映画館で見たきり見ていませんでした。気持ち悪いというのは、劇場版に残酷なシーンがあるからでなく、一種の痛々しさ、一言でたとえるなら「他人の自慰行為を見せられている」ようなおぞましさがあるからです(制作者の個性が強く現れてる作品は少なからずそういう部分はありますが)。

今回の映画、ストーリーは基本的に同じなのですが、総集編ともまた完全新作とも本当に違いました。

TVと同じシーンでも、一度分解して必要なところを取り出し、きれいに作り直して組み替えたように自然に映画としての画面に作り変えられていました。まさに「再構成」でしした。

そして、今回のクライマックスとなる「ヤシマ作戦」は、ほぼ新作画面となっているのですが、TVより何倍もスケールアップしていました。エヴァの動きだけでなく、作戦に参加しているすべての人物のテンションの上がり具合とか盛り上がりようが、その場にいるみたいに一体化していました。

そして、エヴァはもちろんのこと、使徒たちも動きがなめらかになっていました。使徒が倒されるシーン、どこかで見たことがあるなと思ったら、今回ボンズが参加しているんですよね。あの動きはドー○ムです。

旧作にあった気持ち悪さ、わかるやつだけ付いてくればいいといった突き放し感は、今回の「序」ではありませんでした。

もっとも「破」の予告を見る限りではシンジは壊れていくようなので、もしかしたら旧作以上に気持ち悪い作品になるのかもしれませんが。

気持ち悪くても一回は見なくては気がすまないでしょうが……

パンフレットにある「スタッフ募集中」に、本当に作業中なんだなと思いを馳せつつ、来年の「破」を楽しみにしています。

|

« 台風被害大小 | トップページ | スパリゾートハワイアンズに行ってきました »

映画・テレビ」カテゴリの記事