« 国立新美術館開館記念 アムステルダム国立美術館所蔵フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展と、開館記念特別展 「鳥獣戯画がやってきた! ― 国宝『鳥獣人物戯画絵巻』の全貌」 とムンク展を観にいく! | トップページ | 猫の手も借りたい! »

靴擦れというより、靴打ち身?

先日買ったブーティ(ショートブーツ)で歩き回ったところ、足が痛くなりました。

サイズ自体はぴったりだったのですが、普段履く靴よりヒールが高く、しかも靴底が薄く硬いのが原因です。おかげで親指の少し下のほうに痣が出来てしまいました。

ちょっと厄介なことにサイズ自体は合っているので、足裏が痛いからといって厚い中敷を入れるとかえって靴の中がきつくなって、余計痛くなってしまいます。

薄くてクッション性のある中敷を入れて、靴の裏に、衝撃吸収のゴム底を貼るしかなさそうですが、やはり安い靴はそれなりに注意が必要ですね。

|

« 国立新美術館開館記念 アムステルダム国立美術館所蔵フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展と、開館記念特別展 「鳥獣戯画がやってきた! ― 国宝『鳥獣人物戯画絵巻』の全貌」 とムンク展を観にいく! | トップページ | 猫の手も借りたい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/17262818

この記事へのトラックバック一覧です: 靴擦れというより、靴打ち身?:

« 国立新美術館開館記念 アムステルダム国立美術館所蔵フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展と、開館記念特別展 「鳥獣戯画がやってきた! ― 国宝『鳥獣人物戯画絵巻』の全貌」 とムンク展を観にいく! | トップページ | 猫の手も借りたい! »