« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

入院6日目

切ったり縫ったりしていた期間は更新する体力などないのでお休みしていました。
詳しい内容は退院後に書くとして、麻酔やら点滴やらの管も取れて、後は体力の回復と抜糸を待つばかりとなりました。
今は手術の次の日から歩かされます。現在も流石に走ったりはしませんが病院内ならあるけます。
ただ、私は低血圧なので、立ちくらみを注意する必要はあります。
両親が来た時、伯母達からの花籠を持ってきたくれました。友人もお見舞いに来てくれて、花籠を持ってきてくれたので、嬉しいのですが置き場所にちょっと困りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院2日目

明日は手術です。
個室に移ることになったのですが高い個室しか空いていませんでした。思わぬ出費です。
生まれて初めて浣腸をしました。あとは手術部位の毛を剃りましたが、別にお腹の毛を全部剃るわけではないようです。
睡眠薬を飲んだのでもう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院1日目

こっそり更新しています。入院はしましたが、説明を受け備品を購入したことくらいしかしていません。まあ手術当日はそれどころではないでしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうとう入院となりました

とうとう入院当日です。開腹手術とはいえ、消化器とか呼吸器とかを切るわけでなく一個なくなってもどうにかなる臓器を切るので、入院は傷がうまく塞がれば10日で済むのですが手術は手術なので不安でいっぱいです。

麻酔の管をつけるときと痛み止めが切れるときが痛いといわれたので正直怖いです。

今だって本当は手術したくないのですが、手術しなければ副作用バリバリの薬を飲み続けなければならないのでこっちのほうがマシだなという究極の選択で手術を選択したまでなのです。

入院は暇だ暇だと散々いわれたので、DSと本を持っていく予定です。

入院の準備で面倒だったのが、腹を切るのでネグリジェもってこいといわれたことですね。
パジャマならピンからキリまで山ほどあるのですが、ネグリジェは数もデザインもロクにないし、あってもなんだか高いです。
散々店を回って値引き品を見つけ購入、2枚必要なのでもう一枚は雑貨店で買ったゆったりワンピースでごまかそうと思います。

とっとと退院して、またブログを更新したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サモ2パッケージ公開!!

もうそろそろかなと思っていたのですが、とうとうサモ2DSの情報公開が始まりました。特典アニメのアンケートも行っていますので、うまくいけばアニメでネストリが見られるわけです。

とりあえず、入院前に予約とアンケートの回答は済ませました。

ネスティとアメルは今回ジャケットから撤退してしまいました。メインヒロインにも関わらずファンディスクのジャケットに載らなかった某月のヤンデレヒロインを思い出しますが、8人は確かにDSのジャケットだと配置が難しいんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショックな出来事

入院前最後の出勤日なのに仕事がなかなか進まなかったとんでもない日でした。一番のショックな出来事は帰り道で起こってしまったのです。車を運転している以上、仕方ないことなのですが。……疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業文集ランキング…ホームレスになりそうな人

中学校の卒業文集で「将来ホームレスになってそうな人」などというランキングを発表したクラスがあったそうです。というか、校正の段階で誰か気がつけよ……。

私が中学生のときも、卒業文集のアンケートで「やってそうな人(深読みで)」とか、「エッチが上手そうな人」とかふざけた項目をかかげた文集委員がいました。
クラス中では他に書きようがないので、当然、その項目には「例の文集委員」の名前を書きました。
もちろん、アンケートはやり直しです。

というか、いくら生徒の自主性を尊重とか言っても、先生が一回くらい目を通しますよね。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2008050801000382/1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地震で寝不足

5/8深夜に起きた地震で寝不足です。

私の住んでいるのは茨城県県南部なので、震度は一番強い地震で震度4、うちの被害は棚から少し物が落ちたくらいで、それも落ちて壊れるようなものは落ちなかったので、実質的な被害はありませんでした。

ただ、一晩のうちに何度も地震が起きるので寝ていられませんでした。
これから2・3日は余震があるそうですね。

厄介なことにはかわりありませんが、家が倒壊して避難所暮らしというわけではありませんので、文句など言っていられません。日本に限っても、これまで地震でそのような被害にあわれた人がたくさんいますので、それに比べたら今回の地震など被害のうちにも入りませんので。

ただ、今回地震速報はまったく役に立たなかったそうです。

日本がプレートの上にある以上、定期的に地震は起ります。
次に大きな地震が起るときには、役に立って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ながらTXに初めて乗りました。

つくばエキスプレスが開通してもう3年でしたっけ……
茨城県県南部に住んでいますが、今まで乗る用事がなかったので乗ったことはありませんでした。
家から、常磐線の駅まで少し無理すればある池いける距離にあるうえ、TXの駅に行くには、車で行くしかなかったものですから……なんせ、TX行きのバスに乗るためには、まず常磐線の駅行きに乗って、駅で乗り換えるしかないので無駄なのです。

今日も、TXにとりあえず乗って、ついでに『ロックシティ 守谷』でも見てくるかと、それくらいの用件でしかないわけで、要するに乗らなければならない用件があるわけではなかったわけです。

そういうわけで、初めてのTX、駅は新しくすっきりしていますし、電車も快適でした。
ただ、JRと比べて運賃は高いですね。

ロックシティも特に何かを買いたいというわけではなく、映画を見る予定もなかったので、昼食をとって散策するくらいで終わってしまいました。

おそらく、これからもTXでなければ行けない場所ではない限り、乗ることはないでしょう。
秋葉原は、常磐線と山手線でも行けますので……

ともあれ、こうしてブログのねたにはなったわけですし、これで十分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薬師寺展とモディリアーニ展を観にいきました!

『月光仮面はだれでしょう』の月光仮面は、月光(がっこう)菩薩から来ているそうです。

東京国立博物館で開催されている『薬師寺展』を観にいきました。
9時30分開園のところを9時から並んでいたところ、雨ということもあり前倒し入場をさせてもらえてので、あまり込んでないうちに見ることが出来ました。

普段、間近で見ることが出来ない、日光菩薩と月光菩薩を、手に触れられそうなところで裏までじっくり見られることもこの展示の魅力なのですが、そのほかにも東塔の水煙の実物大レプリカなど、薬師寺にいっても、なかなか見られないような国宝などが展示がされているなかなか見ごたえのあるものでした。

あと、ビックサイトから、六本木は意外と近いのですね。

国立新美術館の「モディリアーニ展」を観にいってきました。エコールド・パリを代表する画家の一人で、細長い顔とアーモンド型の目の人物画が特徴的な画家です。

モディリアーニは個人蔵の作品が多いそうで、今回を逃すとなかなか見られない作品が多かったせいか、外国人のお客さんもけっこういました。

展示されている作品はモディリアーニのみなので、モディリアーニが好きな人・興味がある人にはかなり見ごたえのある展示なのではないでしょうか。モディリアーニが特に好きというわけでなかったのですが、なかなか面白かったです。

カフェで一休みしようかと思ったのですが、安いところは混んでいるし、高いほうは本当に高いので、結局、池袋のドトールでコーヒーを飲みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパコミ一般参加してきました!

5/3のスパコミに一般参加で行って来ました。

相方は仕事の都合で出られないのは分かっていましたし、HARUはサークル参加したので、今回はサークルはお休みです。
もっとも、申し込んだところで、病気のことで新刊どころじゃなかっただろうと思いますけど。

とはいっても、芸能やサンライズアニメ(ガンダム含めて)あまり興味がないので、まわったのは殆どゲームサークルだけ、今回マンガや小説サークルは5/4だったため、ちょっと寂しい収穫になりました。2日いく余裕はありませんし……

そうはいってもゲームサークルだけで、欲しい新刊はおおむね購入できましたし、思ったよりもスムーズにまわれたので、当日に予定していた美術館めぐりも余裕をもって出来ました。

次は、夏コミ……受かるといいのですが……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子宮内膜症の手術が決まりました!

先日受けた手術のための検査に問題がなかったため、子宮内膜症の手術が決定しました。

私の症状は、右の卵巣に子宮内膜と同じ組織ができてしまい血が溜まってしまう『卵巣チョコレート嚢胞』と呼ばれるもので、子宮内膜症の中では比較的よくある症状といえます。

主治医の説明ですと、私の場合は、20代ということもあり、卵巣を残す温存治療となります。卵巣の内部の血のたまっている部分を取り除き、表面の正常な部分を繋ぐことになるということです。ただし、状態によっては、右の卵巣をすべて取り除くことになるし、残せたとしても正常に機能しない場合もあるそうです。機能するかどうかは、左の卵巣が働いている限り確認できません。
基本的には、一時間程度のあまり出血のない手術になるそうですが、周辺の臓器に癒着している場合は、癒着をはがすのに時間がかかるそうです。

今でも、本当は手術はイヤです。

しかし、薬でよくなる保証もなく、副作用も強いので、私は手術の選択をしました。

入院病棟は、出産の人とは別の病棟をとってもらうことにしています。同世代の人々がおめでたで入院しているところで、真逆の状態でいたくないので……

手術したところで、再発の可能性は高いので、結局この病気とは一生付き合うことになりそうなのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »