« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

夏の100冊

もともと、夏は暑さで読書時間が減り、出版社の売り上げが減るため、それを回避しようと始められた夏の100冊ですが、今年も始まりましたね。
100冊のラインナップは毎年入れ替えがありますが、夏目漱石など定番はいれかわりがないので、年々未読の本が少なくなっていくのですが、今年も夏の100冊限定のカバーも出てきましたね。

角川では、おなじみラノベも出ていますし……

早川で夏の100冊やってくれたら、10冊くらい買うのですけど……

京極夏彦で文庫になった本があったので、他に1冊あわせて買いました。

とうとう、ハルヒに手を出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうとう夏のセール始まり

近隣のショッピングモールが夏のセールを始めました。そうはいっても、まだ始まったばかりなので本格的に値引きが始まるのはもう少し待たなくてはなりませんが……

手術で今年はそれほど贅沢は出来ないので、殆どは見ているだけ。目玉商品とか、見切り品とか、ずっと目をつけていた商品とかセール中盤にはなくなっていそうなものだけ買いました。

ずっと欲しかったのが、オフホワイトのパンプスです。普段履くものより少々ヒールは高いのですが、アクセントのリボンが取り外しできるタイプで、服に合わせて、正面につけたり、すこし横にしたり、つけなかったりアレンジが出来るのです。

まだ、それ程値引きはしていなかったのですが、別の店ではサイズ切れで、SとLLしかなかったので買ってしまいました。

あとは、某昼番組ででていた月限定の某甜瓜プティング、今月の給料が出たら買おうと思っていたので、やっと食べました。

来週か、再来週には少し遠出して、セールのときにお世話になっているデパートに行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

密林川に予約した商品が届きません…

密林川さんのトラブルがけっこういろいろなブログで記事になっていますが、予約品が発売日後も発送されない。

密林のサイトを確認すると、いつの間にか発送期間が1~2週間に変わっているので、実質在庫切れらしい。
こういうときに、予約注文品が遅れるとかいうメールを発送するくらいのメールサービスがあってもいいのではないかと思う。

会社帰りにCD店を梯子したが見つからない。
こんなことならSD店に予約すればよかったと思う。

なんだかはっきりしないので、在庫がある別の通販サイトで注文する。

もし、来ても返品サービスがあるのでそれを利用しようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ちゃんと自分で言えよ!と思わず言いたくなるようなこと

「あんたに言ってもしかたないけど、6月度の出勤簿が提出されていなかったから6月は全欠にしておくぞ。営業たちに言っておいてくれ」
と、営業が外回りに出ている時間に、支社本社の責任者から連絡がありました。

通常は、私が出勤簿を月が替わるたびに支社にFAXしているのですが、私は病気療養中だったので、営業たちがFAXするのを忘れていたわけです。

私に言う話じゃないだろう。直接営業に言えよ。

上司で、目上の人間なので、そんな暴言を吐く訳にも行かず、こういう馬鹿話をしていましたよと所長たちには報告したのですが、うちの責任者、最近ニュースを騒がせている部下に責任を押し付けて自分は知らぬと言い切る病院の院長やら食品会社の社長らとおなじタイプです。

おそらく、なにか不愉快なことがあったので、営業所をいじめることで鬱憤晴らしをしたかったのでしょうが、やられるほうは不愉快で迷惑でしかありません。

とっとと退職してくれないかと従業員一同に思われております。

本当、どうしようもないですね。

こっちも、復帰した早々不愉快な思いをしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事復帰です

快気祝いを持って出社しました。
棚卸しなのでやることが多く、初っぱなからハードな1日になりました。もう少し復帰を伸ばせばよかったと本気で思いました。
まあ、そんなものですよね。
休職していた間に、責任者の横暴はさらにエスカレートしてきたらしく、どうなるのでしょう。うちの会社は……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついつい買ってしまう新装版

スレイヤーズの第4シリーズ放送まで2週間をきったので、ファンとしては楽しみなところです。

今回は深夜になってしまいましたが、テレ東なのでリアルタイムに見られるのはうれしいところです。
ちょっと残念なのが、今回もオリジナルエピソードなので、2部のルークやミリーナは出番なしということですね。
原作2部は、ゼルガディスとアメリアが出てこないし、けっこうハードな展開なので、テレビではやりづらいのでしょうけど、第5しりーずとかでやってくれないですかね。

文庫も新装版がでてきるので、旧版持っているのに買ってしまいました。
加筆修正されていて、あとがきも新しくなっているのでカバーだけ新しいわけじゃないじゃないということで買う価値はあるのですけどね……。

金がないのに、出費の多い月が続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事復帰となりました。

子宮内膜症で開腹手術を受けたため、入院期間も含めて4週間休職していたのですが、特に問題がなく順調に回復しているので、本日から仕事に復帰することになりました。

そうはいいましても、まだまだ走ったりとか、重いものはもてないのですが……。

もう一週間くらい休暇とっておけばよかったと思ったりもしますが、なんせ貧乏OLなので、早めに復帰して稼ぐしかありません。

療養のためととはいえ、ずっと仕事から遠ざかった生活をしていたので、ペースを戻すのが大変だとはおもいます。

それにしても、夏が来るたび思います。

なぜ、日本にはバカンスの制度がないのだろう。

リフレッシュ休暇とかが、取りやすい社会になって欲しいと思います。
病気の休暇だったので、休みを貰うしかなかったのですが、それ以外の都合での有給が滅茶苦茶取りづらいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死刑囚を何年も放置するのは残酷ではないのだろうか?

宮崎勤死刑囚をふくめ、3人の死刑が執行されました。

また、死刑廃止論とか色々起こっておりますが、私は死刑の消極的支持者です。

死刑は残忍な処罰方法ですが、死刑以上に犯罪を抑制する有効な処罰方法は存在していないのが現在の法律です。

そして、いつも思うのが、「死刑囚を何年も放置するのは残酷ではないのだろうか」ということです。

本来、刑の確定後半年以内に執行されるべきである死刑ですが、現在100人以上刑の執行を待つ死刑囚がいるそうです。

死刑の執行は、執行の数日前にならないと告知されないそうなので、それまで多くの死刑囚はいつまで続くとも知れない日々を送ることになります。

法律、刑罰は時代と共に改変されるものなので、そのうち死刑は廃止されるかもしれません(世界的には廃止の方向に向かっていますし)。

ただ、いつも議論に上がる「国家によって命が奪われた」という表現には疑問があります。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

スカイ・クロラシリーズが見つからない!

2年ほど前から、森博嗣にハマりまして、S&Nシリーズ、Vシリーズ、四季4部作と講談社文庫で刊行されているものをシリーズ順に読んできました。

映画の前売り券も先日購入したので、「スカイ・クロラ」シリーズを読もうと思いまして、隣の市の大型書店で1作目の「スカイ・クロラ」だけとりあえず購入したのですが、2作目の「ナ・バ・テア」を近所の書店で探してもなく、市内を3件探してもなし、4件目でやっと見つかりました。

ちなみに、これは売り切れではなく、最初から中公文庫を取り扱っていないため見つからなかった状態です。

4件目は、スペースの割に品揃えのいい書店でしたので……

ちなみに見つからなかった3件は1点が大型スーパーのテナントでスペースの都合もあると思うのですが、他の2件はCDやゲーム店が併設されたチェーン店で店舗面積はあるのですが、品揃えは新刊しかないよう品揃えの悪い店でした……そうはいっても、話題の映画の原作のわけなのですが……

書店がこんな状態だから、インターネット書店が流行るのだなと妙に実感しました……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少林少女を見てきました。

ここのところ、邦画のコメディがけっこう好きなので、映画館ではよく邦画を見ます。

手術後の療養中ですが、近場なら外出できるので、車ですぐの映画館に『少林少女』を見に行きました。

内容としては、『少林ラクロス』と言ってもいいくらいラクロスのシーンの多い映画で、少林サッカーにハマッた人ならおそらく楽しめると思います。
登場人物たちの妙な泥臭さ(ほめています)といい、意外な人物が意外な活躍をする終盤といい、B級アクション映画の迫力(ほめています)が満載の楽しい映画でした。

ただ、中村トオルのマッチョな上半身がちょっと気持ち悪かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手術跡がかさぶたになってきました。

先日、子宮内膜症の卵巣チョコレート嚢胞の手術で、開腹して卵巣の悪い部分を取りました。

退院してから、傷が変に痛いことはなかったのですが、体を折るとなんだか傷口が痛いと思ったら、傷のかさぶたがはがれかけていて、周りの柔らかい部分に当たっていました。手術場所がお腹の体を折り曲げる部分にあるので……

下手にはがすのも怖いので、お風呂でふやかして慎重に取れる部分のみ取り除こうと思います。

手術したばかりのころは本当にお腹に力が入らず体を起こすのが辛かったのですが、手術後約2週間経ちまして、歩くことは普通にできるようになりました。そうはいっても、まだ走ったりや重いものを持つことは出来ませんが……

手術後、1カ月は仕事をを控えるようにと言われているので、まだ療養中、車も出来るだけ乗らないようにと言われているので、外出は近場の市内のお店に車で行くくらいです。

ちなみに傷口は、横に切ってもらいました。ビキニを着ても隠れる部分です。そうはいっても、ビキニを着る機会はおそらく一生ないとは思うのですが……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏コミ今回落選でした…

コミックマーケット74の当落の結果が出てくる時期になりましたね。

今回は、相方に申し込みをしてもらっていたのですが、残念ながら落選と連絡がありました。
最近当選が続いていましたし、申し込み者の3割ほどは定員の都合で落ちる運命にあるので仕方がありません。

どの道、うちは赤字続きの弱小サークルですので、売り上げがないと小遣いがやばいとかそういうことはないのですが……

どのみち、最近手術を受けまして体力的にちょっとつらいところもあるので、今回は大人しく一般参加をしようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原通り魔事件

改めて説明する必要はありませんが、6月7日に秋葉原で死傷者17人を出す殺傷事件が起こりました。

また、叩かれ始めていますね。

この事件、ヲタクを叩いても、ナイフを規制しても解決しません。

コミケでコスプレをしたり、同人誌を売買している人々の大半は普段は普通の生活をしています。

非正規雇用の不安定な状態に不安を感じでいる若者だって山ほどいます。

サバイバルナイフを所持していても、殆どの人はキャンプなど正しい目的でしか使用しません。

犯人には同情しませんが、この事件、犯人が特殊だったとか、現在の若者はキレやすくなったそんなことで済ませてはいけないとは思います。

勝ち組と呼ばれる一握りの人々がいる一方で、仕事や待遇に不安の感じている若者はいっぱいいます。

私は現在正社員として働いてはいますが、給料は決してよいとはいえませんし、車通勤の交通費も全然上がらず苦しい状態が続いています。

終身雇用など過去の産物で、正社員とはいえ、会社の状況によっては首を切られる可能性があるわけです。

表面的な犯人、ヲタク叩きで終わらないことを願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子宮内膜症の手術のこと

先日、子宮内膜症の「卵巣チョコレート嚢胞」の手術を受けました。

手術までの経緯については何度も書いていますので、カテゴリー「病気」で見てください。計11日入院しまして現在も自宅療養中です。

入院中、こっそり携帯から更新はしていましたので、更新をしなかった入院3日目から5日目のことを書こうと思います。

入院3日目
手術当日です。

前日21時から飲食禁止なので何も食べません。浣腸もするので、胃や腸は空っぽです。
例外として、胃酸逆流防止の胃薬を少量の水で飲みました。
点滴をつけられ、セパレートタイプの手術着に着替えました。足は、血栓防止用の靴下を履きます。この靴下OL御用達のむくみの出来ない靴下みたいなもので、おそらくむくみの出来ない靴下が手術用靴下の副産物として出来たのではないかと思っています。

点滴と手術着に着替えたところで手術室に運ばれ、まず腰の麻酔のための部分麻酔の注射を受け、腰の麻酔の管をつけられました。そのあと、全身麻酔のマスクを付け手術です。当然ながら手術中のことは記憶になりません。
手術は最短で1時間で終わるのですが、周囲の臓器への癒着などあるとその分の処置で遅くなります。
私の場合は、臓器への癒着はなかったのですが、骨盤への癒着があったのでそれをはがすのに時間がかかったのと、癒着をはがす際に出血があったこと、また、血圧が低く血圧を上げる薬を投与したので時間がかかり、計3時間かかりました。

手術後は酸素マスクをつけたまま病室に運ばれました。麻酔の管がのどまで突っ込まれていたのでのどがいがらっぽかったです。
手術後2時間は安静なのですが、2時間後からは、床ずれや血栓防止のため、足首を動かしたり寝返りをうつようにと色々指示されます。ちなみにこの日は腰の麻酔がけっこう効いているのでそんなに痛くはありません。
ただし、絶えず点滴を投与しなければならないので点滴にセンサーがつけられいて、点滴が切れるとブザーが鳴るのでそれがうるさくて眠れませんでした。

入院4日目
手術後1日目です。

飲み物が解禁になりました。

このあたりになってくると傷が痛くなってきます。
手術時に出血が多かったので、内出血に備えて管が通してあったのですが、管を外されて、傷口がテーピングされました。抜糸までこのままでした。卵巣を手術したため、生理の終わりぐらいの出血がありました。

昼ごろに手術着からネグリジェに着替えました。下も管が入っているので、トイレは行かなくて済むのですが、回復のために少しだけ歩きました。
夜になってくると色々痛くなってきましたので、鎮痛剤を少し入れてもらいました。
しかし、私はあんまり鎮痛剤は使わなかった方らしいです。

 

入院後5日目
手術後2日目です。

食事が出されるようになりました。
朝食は重湯、昼食は五分粥、夕食は七分粥でした。

下の管が外され、この日からトイレに行くようになります。
傷口が熱を持ってしまって傷んだので鎮痛剤を投与してもらいました。強い薬のため、昼間少しぼうっとしてしまい、そのせいで昼食は余り食べられませんでした。

トイレに行く際、低血圧の成果、立ちくらみを起こしました。
立ちくらみ防止のため、ベッドにいるときも上半身の部分を起こして座っているような状態で一日すごしました。
この日がある意味一番つらかったです。

入院6日目
携帯でも更新しましたが、この日は点滴と麻酔の管が外されだいぶ楽になりました。
シャワーが解禁になり3日ぶりに髪を洗えました。
食事も全粥になり、通常時の食事と大差なくなってきましたので色々楽でした。

あとは、前に更新したとおりです。

現在、傷口は塞がっていて、よっぽどのことがない限り出血することはないでしょうが、筋肉が切断されてそれの回復を待っている状態です。
そのため、腹筋を使う仕事が出来ず、重いものを持ったり走ったりすることが出来ません。
車も長距離の運転が禁止されていますので、当然会社にもいけません。

まあ、あせってもしかながない状態なので自宅でこうやって療養しているわけです。

手術自体はそう難しくない部類だそうです。

また、進展がありましたら更新します。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

退院しました

本日退院しました。 
せっかくパソコンがつかえるので、手術のことでも書こうかと思ったのですが、部屋の掃除などで疲れてしまったので、また後日にします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

入院10日目

超音波で腹の中を確認したところ、特に問題ないので明日退院となります。
あくまで、自宅で問題なく生活出来る程度の回復なので、当面は自宅療養になりますが…
会社の人達が見舞いに来ました。花籠とお見舞い金を頂きました。嬉しいことは嬉しいのですが、快気祝いを返さないと、不機嫌になるような器の小さい人が責任者なので、その辺りはちょっと面倒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院9日目

本日は抜糸でした。
抜いたのは、糸というよりホッチキスの針みたいなものです。安静にしてれば問題ありませんが、傷自体は治り途中なのでまだまだ無理はできません。
検尿、採血は問題なかったので明日の検診で問題なければ明後日退院になります。
退院後の生活に関するプリントももらったので間違いないとは思いますが……
外に出られないので、テレビの食べ物番組をうっかり見てしまうと辛いです。幸いなことに、食事制限はないので、退院したら大概の物は食べられます。
母が来た時、昨日妹が買って来てくれたケーキを食べました。妹は実家には帰らなかったようで、今日も休日だとは話していたので、どこかで遊んでいるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院8日目

入院も終盤になってきました。
抜糸は明日の予定なので本日は特にすることがありません。
妹が見舞いに来ました。
看護士なので見物の意味合いもあるようです。傷口を見て(テーピングしてありますが)、夕飯を味見して帰っていきました。
売店にない雑誌とケーキをもってきたので、まあ文句は言いませんが……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入院7日目

携帯で観られるツールも限度があり、パソコンが恋しくなってきました。
体は順調に回復していますが、もちろん通常時と比べれば体力は落ちていますし、病院の外にはまだ出られません。病院の売店は大学の生協とキヨスクの中間程度には商品がそろっていますが、欲しい雑誌はありませんでした。月刊なので退院してからでも購入出来ますが残念です。入院時に持ってきた本も読み終えてしまい、家から追加分を持ってきてもらったくらいです。
外来が休みなので、待合室で漫画を読んだり、懐かしくなってリリアンを編んだりしていました。
今日から普通食に戻りました。やはりお粥より普通のご飯のほうが美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »