« スカイ・クロラシリーズが見つからない! | トップページ | 仕事復帰となりました。 »

死刑囚を何年も放置するのは残酷ではないのだろうか?

宮崎勤死刑囚をふくめ、3人の死刑が執行されました。

また、死刑廃止論とか色々起こっておりますが、私は死刑の消極的支持者です。

死刑は残忍な処罰方法ですが、死刑以上に犯罪を抑制する有効な処罰方法は存在していないのが現在の法律です。

そして、いつも思うのが、「死刑囚を何年も放置するのは残酷ではないのだろうか」ということです。

本来、刑の確定後半年以内に執行されるべきである死刑ですが、現在100人以上刑の執行を待つ死刑囚がいるそうです。

死刑の執行は、執行の数日前にならないと告知されないそうなので、それまで多くの死刑囚はいつまで続くとも知れない日々を送ることになります。

法律、刑罰は時代と共に改変されるものなので、そのうち死刑は廃止されるかもしれません(世界的には廃止の方向に向かっていますし)。

ただ、いつも議論に上がる「国家によって命が奪われた」という表現には疑問があります。

|

« スカイ・クロラシリーズが見つからない! | トップページ | 仕事復帰となりました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/41566834

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑囚を何年も放置するのは残酷ではないのだろうか?:

» 鳩山邦夫法務大臣が英断! 宮崎勤の死刑執行により、先の秋葉原大量殺人事件のような理不尽で凶悪・凶暴、自分勝手な犯罪が少しでも抑制されることを願う。(´−д−;`) [チョクのブログ]
livedoor ニュース 小生は死刑囚ら3人の死刑執行に鳩山邦夫法務大臣が了承したことを評価する。これは日本の政治家としての良心に基づいた英断である。 (・◇・)ゞ 宮崎勤死刑囚の死刑執行により、先の秋葉原大量殺人事件のような理不尽で凶悪・凶暴、自分勝手な犯...... [続きを読む]

受信: 2008年6月18日 (水) 04時13分

» 連続幼女誘拐殺人 宮崎勤死刑囚らの死刑を執行 [鶴ヶ島近郊ニュースひろい読み]
連続幼女誘拐殺人 宮崎勤死刑囚らの死刑を執行 法務省は17日、88���89年にかけて東京や埼玉で起きた連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚(45)について、東京拘置所で死刑を執行したと発表した。幼い子が標的にされ、被害者宅に遺骨が届けられるなどした衝撃的な事件は、発生から20年を経て刑が執行された。  宮崎死刑囚のほか、2人の死刑も同日執行された。死刑執行は、鳩山法相が昨年8月に就任して以来、昨年1... [続きを読む]

受信: 2008年6月18日 (水) 09時24分

« スカイ・クロラシリーズが見つからない! | トップページ | 仕事復帰となりました。 »