« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

スレイヤーズ(無印)再鑑賞感想1話(反転)

関東圏に住んでいるので、私はずっとテレ東でスレイヤーズシリーズを見ているのですが、AT-Xで10月より『超スレイヤーズ祭』が始まってビデオ&劇場版を含む全シリーズが放送されるそうで、ちょっと見てみたいなと思いました。

REVOLUTIONのBGMは、次回予告の「Plenty of grit」のインストバージョンとアイキャッチ以外は過去の既存曲なのでしょうか? BGMのCDの発売予定はなさそうなのですが……既存曲のCDも新品では入手困難な状況ですよね。まあ、BGMベストを出して欲しいとかそういうわけではないのですが……もっとも、ショッピングサイトを見る限りでは、中古品でならいくらでも入手手段はあるわけですが……

無印はまだDVD-BOXを入手していないので、録画ビデオで見直しました。保管ビデオを引っくり返したら、何とか全話見つかったので……

無印が放送されたのは、1995年でその年の秋からエヴァンゲリオンが放送されたといえばわかりやすいですね。
林原めぐみさんが、BLUESEEDやら、セイバーマリオネットJやらで、ずっとすたちゃ作品のヒロインを演じられていたころで、まだアニメの深夜放送も(殆ど)ないし、インターネットというよりパソコン通信の時代だし、Windows95が発売されて間もない一般家庭にパソコンの普及が始まったころです。

なんせ、携帯電話は一部のビジネスマンしか持っていない時代ですから!

アニメに関する情報も、アニメ誌と声優さんDJのラジオくらいしか情報源がなかったわけです。

最初は10話まで感想を書こうと思いましたが、すごくうざくなるのでとりあえず1話だけ、でも興味がない人や未視聴の人にかかなりうざいのでこれから反転します。

スレイヤーズ長編シリーズの始まりは、リナとガウリイの出会いなので、当然1話はリナとガウリイの出会う話です。

盗賊に襲われかけたリナをガウリイが助けるというヒロイックサーガのお約束パターンで話が始まるわけですが、リナは全員返り討ちにする実力があったし、ガウリイがナンパ目的でリナを助けたというお約束を逆手にとった状況だったわけです(実はガウリイがあそこでリナを助けたのはナンパ目的じゃないというのが、外伝で明らかになるわけですが、当時はまだ発表されていませんし)。

当時はリナ視点から見ていたので気が付かなかったのですが、ガウリイ視点でリナを見るとなんだか危なっかしいんですよね。場馴れしているし、腕に覚えもあるのだろうけど、なんだかアンバランス……そんなとこからなんだか放って置けなくて同行を申し出た……まあ、妄想といえば妄想ですが……。

リナとガウリイの食事シーンは1話でもあるわけですが、まだちょっと控えめなんですよね。それでも、3人前とか平気で食べているんですが……

伝統になる1話でドラグスレイブですが、そのまえに「ドラまた(ドラゴンも跨いで通る)」をちゃんと映像で見せています!!
そういれば、最近ドラよけもすたちゃ作品で放送されいますが……放送時期が丸被りなのは何らかの意図があるのでしょうか?

ガウリイがリナを「お嬢ちゃん」と呼ぶのは、TVでは1話だけです。まあ、TVで何話も「お嬢ちゃん」では、主人公の名前を覚えてもらえなくなるので妥当な判断だと思いますが、1話のガウリイはリナを完全に子ども扱いですね。

剣と魔法の世界で、少女と青年のコンビ。それでいて、ヒロインがめっぽうに強いというお約束を踏まえつつも、それをいい意味で裏切るという個人的にはツボな要素満載のスレイヤーズシリーズなのですが……そういえば、当時のバトルヒロインは、ヒーローのサポート役か、お色気ヒロインか、もしくは変身する魔法少女かで、そのどれにも当てはまらない、リナは、斬新な印象がしました。

このとき、まだオタクに片足ぐらいしか突っ込んでいなった私は、いつの間にかコミケにサークル参加するまで、オタクにどっぷりつかることになるのですが……

なんだか、昔話になりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「若者がモノ買わない理由は」…言うまでもない

「若者がモノ買わない理由は?」という調査が行われたらしく、調査書などがネット上に出ていますが……

給料安い

景気が回復する見込みがない

将来に対する保障がない

状態で、バガ買いする気にはなれません。

それでも、まだ私は趣味人なので消費活動を行っている居るほうです。

一番無駄に思えるのが実は「年金」。

私らの頃には年金をもらえるようになるのが「70歳」とかになっていて、軟弱な現在の若者たちは、年金をもらえる年齢になる前に大半がおっ死んでいるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズNEXT再鑑賞感想話6・7感想(反転)

NEXT6・7話は、GW中休みだったそうですが、結局そうなったのはNEXTだけで他のシリーズは普通に本筋でしたね。

そういうわけで反転です。

6話は、アニメオリジナルキャラのマルチナの話なのですが……マルチナ、元王女なのに、アルバイトはするわ、ゴミ箱を漁るわとかなりガッツのある人です。
多分、今後アニメに登場することはないでしょうが好きでしたねマルチナ。

温泉ネタですが、女性陣よりも、男性陣のほうがカットが多かったような……ガウリイはシリーズで必ず1回はどこかで脱いでいますよね。風呂場の前で脱ぐのはどうかと思いますが……。もしかして、ガウリイはアニメではお色気担当なのでしょうか?

アニメでは、リナが服を散らかしたままで寝ていましたが、おそらく原作では服はたたんで寝るほうだと思います。まあ、このころは、SPで家事の話とかは出ていなかったころですし、そもそも服をたたむリナでしたら、今回の話は成立しないわけですから……

ガウリイあそこを蹴られてしまいましたが……私は女だから判らないということで……

結局、呪いを間違って自分にもかけてしまった詰めの甘さでマルチナは負けてしまったわけですが……また、這い上がってくる根性には脱帽です。

7話は、ロマンスグレイの無駄にかっこいい料理人アシュフォードの話です。あとは、ゼルガディスがひたすらいじられる話です。

碇とかフジツボとか……挙句の果てに人工呼吸ですからね……亡くなったアシュフォードの奥さんにそっくりがトドメなわけですが……2回目に湖に投げ込まれるときのゼルのあきらめきった構えた顔がすべてを物語っているというか……

ガウリイなんだか味音痴になっていますね。原作ではピーマンが嫌いなはずですが、アニメではピーマンの話は出てこないですね。むしろゲテモノ食いになっているし……

出来上がるまで半年のドラゴン料理でしたが……NEXTのエピソードが終わったころ、ちょうど食べごろになっているのではないでしょうか?

おそらく期待している人はいないでしょうが、今無印を見返しているので、次はNEXTを一旦離れて無印の感想になると思います。

それにしても、無印とTRYってまるで別のアニメですね。まあ、ドラゴンボールも、ギャルのパンティなんてころと、フリーザ戦のころなんてまるで別のアニメなんですが……ハリウッド版はこのままお蔵入りなんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズREVOLUTION第9話感想(ネタばれなし?)

10年以上まえに録画したビデオなので、画質は悪いですが無印を見返しています。原作の1巻に当たるシャブラニグドゥ編を見終わったのですが、リナが初々しいですね。
ガウリイもけっこうまともだし……光の剣で知能が吸い取られたというより、リナがいるから考えなくなったんじゃないでしょうか?

今回は、ちゃんと本筋が進んでいます。
やっとエンジンが前回になったという感じで、やっと、ワイザーの真意が見えてきましたし、ガウリイも剣がないなりに活躍していました。

なんだか今回のシリーズはグダグダな前半で遠ざかっている人もいるようなのですが、とりあえず9話見て欲しいですね。

ちょっと、グダグダした感じの8話から一点、9話になって一気に話が見えてきました。

赤い服のメイドさんオゼルが再登場しました。ネタばれになるので詳しくは書きませんが、ガウリイをつっこみ役にさせる恐ろしい存在です。

ポコタの過去もすこし出てきました。彼のあの姿は本当の姿ではなくて、本当の体は別なのではないかとにらんでいるのですが、どうなのでしょうか。

ガウリイの剣がないことに、初めてまともなやり取りが……イマイチ剣を探しているという感じではなかったのですが……色々狙われていたし……前にも書きましたが、剣に対して何の進展もなく終わったら嫌ですね。

今回、ガウリイが剣がないなりに活躍しています。

このままの勢いで最終巻まで行って欲しいですね。

一部の情報で、今回は変則2クールで一度、休みを挟んでから第5シリーズになるということなのですが、どうなるのでしょうか?

そういえば、日付では今日ですが、レジェンド下巻の発売ですね。
新作の後編はあまり期待していないのですが、プレゼントとかアニメ情報とかを期待しているので購入する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

両親が旅行だったり、まつりつくばに行ってきたり

8/22,23と両親が旅行でした。
お陰で朝5時半に起され両親を駅まで送っていくことになりました。
会社の飲み会があったのですが、犬の世話するためにパス……病気で酒が飲めないということにしてもらいました。もともと、いきなり決まった飲み会であまり出たくなかったので、いい欠席理由になったわけですが……

夜遅くに起こった地震のせいで、ガスの緊急停止装置が働いたらしく、その日は風呂が沸かせませんでした。
原因に気が付いたのは翌日の昼なので、23日の朝は水でシャワーを浴びたわけです。
よりによって、関東が8月とは思えない低気温の日でした。

近所といえるほど近くはないのですが、まつりつくばがつくば市の中心で行われていたので、見に行きました。屋台で、各国の料理が振舞われてるのでそれ目当てです。

アフリカ料理の『クスクス』が出ていたので、食べてみました。特に美味しいと言う訳ではないのですが、一度食べることが出来たので満足です。

夜に両親が帰ってきたのですが、相変わらずろくな土産を持ってこない。

祭りは、24日まで行われていたのですが、生憎24日夜は雨。
イマイチ、すっきりしない天気の週末でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬コミ申し込みすべて完了!

郵便局に行く手間が惜しいので、オンライン決済で作業していたコミックマーケットへの申し込み作業がすべて完了しました。

アナログ人間なので、サークルカットは、スキャナで取り込んで簡単に合成しただけのものです。それでも時間かかったし……漫画用ソフトを買うべきですかね、もうそろそろ。

今回もメインジャンルは、『サモンナイト2』です。
アニメは終了しているけど、スレイ本も作りたいですね。

それにしても、ブログめぐりをしていると、『スレイヤーズR』にけっこう辛口な意見が多いですね。
作画崩壊とか、脚本の統合性とかは前作も……TRYを見ていると、作画はさほど崩壊していないのですが、なんとなくスケジュールが切羽詰った感じが……予告でとうとうエヴァみたいなことをしてしまった回もありましたし……
あとは、『ガウリイ』誤植多いですね。エンディングテロップなんて、しゃれにならない部分も誤植していましたし……ブログ記事でも『ガウリー』とかけっこう書かれていますね。

そういっている私自身もうっかり『ガウリィ』とか書いた覚えが……
発音は『ガウリィ』だし、英語表記だと『Gourry』だから仕方ないのですけど……

とりあえず、10月にオンリー控えているのでまずそちらをがんばらないと……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズNEXT再鑑賞感想3~5話感想(反転)

3~5話は、原作2巻『アトラスの魔道士』の話になるわけですが、原作通りだと、ゼルとアメリアが出てこないし、なにより映像表現だとけっこうグロい話になるので色々アレンジしていましたよね。
そういうわけで、以下独りよがりな感想なので反転です。

3話は『ニャラニャラの鍋』に尽きるわけですが……改めて見返すとシュールな食べ物ですよね。ニャラニャラはともかく周りの海老やら肉やらがやたらと美味しそうなのも含めて……あとは、段々とレベルの低くなっていく嫌がらせ合戦とか……次の2話がシリアスな話の割に、全体的にシュールな話でしたね。

4話は『木とか竹とかの節』ですかね。節になってどうするのだか……
ハルシフォムは最初から悪人として登場しましたが、原作どおりの展開だと話が長くなってしまいますし……あとはなんだかんだいって、魔法合戦が迫力ありましたよね。当時はまだ、セルアニメの時代でしたし、光の表現などは今より面倒だったようですが……ライナーノートの解説読んでいると、新シリーズでは、CGで魔法の表現が出来るので、監督良かったですといいたいです。

5話は、原作とはちょっと違った結末を迎えたわけですが、ルビアが原作ではコピーホムンクルス(クローン)だったのに比べて、アニメでは本人(の遺体を使って)を生き返らせようとしていたみたいですから違ってくるのも当然ですよね。

リナのナメクジ嫌いはあくまでアニメの設定らしいですが、無意識にガウリイにしがみついてしまうリナが、可愛かったなということで。倒したナメクジの焦げた匂いを「香ばしい」といってしまうアメリアはシュールでしたし、岩人形と合成させられたせいで沈むゼルガディスは哀れでしたね。

原作ではかなり悲惨な結末を迎えるタリムとでデイミアは一応生き残るわけですけど、アニメ後半でセイグラムが滅ぼされるまでは、あの状態だったのでしょうか?

まあ、この話の伏線はセイグラムの登場だったと思うのですが……

とにかく、感想続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オークション 苦戦中!

ある特定の商品が欲しいので、とうとうオークションに手を出し始めました。

よさそうな商品を入札するのではなく、特定の賞品に対する入札なので、今のところ全敗。

まあ、競争相手が値段を吊り上げるのにあわせて、自分の希望限度額を超えた金額で入札して、気が付いたらとんでもない価格というのになっても仕方がないですから……

とりあえずオークションによく上がる製品なので、気長に落札を目指すしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーメルンのバイオリン弾き続編 ついに1巻!

最近、色々なものが復活していますよね。
このブログでしつこいくらい取り上げられているスレイヤーズの再アニメ化とか、『破』はいつ公開なのか微妙なエヴァンゲリヲンとか、高橋留美子展で「らんま1/2」のアニメが復活したとか……思春期のもっとも感性が鋭い時代に好きだったものは特に思い入れがあるので、復活するのはうれしいところです。まあ、いろいろな利権がからんでいるとはおもうのですが、そこは無視ということで……

自分の好きな漫画の中で、ベスト3に必ず上げたくなるのが、私の場合『ハーメルンのバイオリン弾き』です。思えば、サークルの相方との友情も、ハーメルンから始まったようなものでした。

今年の初めから、ヤングガンガンで続編の『ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク』の連載が始まりまして、ハーメルンのためだけにヤングガンガンを購入して、単行本の発売を心待ちにしていました。

今回は、前作よりも展開がゆっくりしていて、やっとプロローグがおわったという感じなのですが……

ハーメルンといえば、アニメ化もしましたが、原作と180度違う方向に行ってしまいまして、アニメとしての評価は高いが、原作ファンの評価は滅茶苦茶低いという、怪作としか言いようのないものになってしまいました。
私はあまり好きではなかったです。
一番の原因は、アニメの結末がわかりやすくバッドエンドになってしまったことなんですが、元々原作自体がギャグの部分を除けば、非常に悲劇的な要素の強い作品でして、それを悲劇としてわかりやすく表現してしまうのは、ある意味安直だとしか言いようがないからです。

今回、前作の最終回あたりが、コンビニコミックとして、合わせて発売されるそうなのですが、ロト紋みたいに、復刻版とか保存版とか早く出してくれないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズREVOLUTION第8話感想(ネタばれなし?)

『スレイヤーズせれくと1』を購入しました。表紙とあとがき以外は、既存の再録というすぺしゃるを全部持っている人には微妙な内容なのですが、読み返しはしやすいですよね。

久々にワイザーと、今シリーズであんまり出てこないゼロスが登場してきたのですが、あからさまに底の探りあいの会話をしていました。

前半は、ギャク月間かと思うくらいワイザーがぼけていましたが、あれが乗せられているふりではなくて、本当に乗せられているのでしたら嫌ですね……

NEXTで嫌がっていたナメクジネタがちょっとだけ出てきたり……けど、NEXTでも迷宮の話はありましたが、ボタンは不用意に押さなかったような……まあ、今回は罠とわかっている場所にいますから……

ゼロスがガウリイに空気読めと言わなかったのは、ガウリイが空気を読めないのは今更立ったからなのでしょうか?

今回は、ゼロスは敵側ということですが、これまでも味方とは言いがたい位置にいたわけですし、今回も完全に敵側というわけではなさそうですよね?

ウテナのCD-BOXのCMが流れていました。
今年、CD-BOXとDVD-BOXが発売されるのは知っていたのですが、全部購入するとなると懐が……安月給の身であの価格は辛い……

スレイヤーズのDVD‐BOXで購入をためらっているうちに痛い目を見てしまったので在庫のなくなる前に購入する目安が付くといいのですが……宝くじ当たりませんかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズNEXT再鑑賞感想1・2話感想(反転)

最近、スレイヤーズの過去作品を見返しています(無印DVDはまだ入手していないのですが)。

NEXTをとりあえず全部見返して、当時を思い出したり、当時では気が付かなかった感想があったりしたので感想を載せておこうと思います。

ネタばれしますし、おそらくうっとおしくなりますので反転させて起きます。

1話はキャラ見せのオリジナルエピソードですよね。

オリキャラのマルチナ登場とゾアメルグスターに尽きるわけですけど、おそらくマルチナがタイツはいているのは、TVの規制に引っかかったらだと思います。あの格好で履けるタイツはどんな形状が気になるところですが……原作のストーリーを邪魔せずに絶妙な関わり具合でリナたちについてきて、最終場面であそこまで活躍するとは思いませんでしたが。

あとは、恒例となりそうだったアメリアのドレス姿でしょうか。
マルチナとの口上合戦でなんだか胸が揺れていましたし……
さすがに、鐘と一緒に落下は酷いと思いましたが……

リナとガウリイは相変わらずという感じでしたね。
キャラデザが原作と近くなったというのはアニメ誌の情報で知っていましたが、実際映像で見ると感動した覚えがあります。しかし胸だけは……リナは、あらいずみるい先生のイラストでもそうですけど、だんだん胸がなくなってきていますよね。

あとは、ゼルの「お前を殺す」でしょうか。無印と同時期にやっていたWネタですけど、考えて見れば、無印ではゼルはギャグ話のときの出番はなかったんですよね。本格的ないじられキャラとなっていくのはNEXTからみたいですね。

見せ場はやっぱりドラグスレイブ……これも恒例ですね。REVOLUTIONではリナ以外が放っていましたが。

とにかく、スレイヤーズの2期シリーズが始まったのがうれしくて、何度も見返した覚えがあります。

2話はゼロス登場の話ですね。原作どおりだと、ゼロスは中盤での登場になってしまうので、これもオリジナルエピソードですが……

個人的にはあんまりゼロスは好きではないんですよね。変に人気があるからというひねくれた理由ですが……REVOLUTIONで現在のところゼロスははっきりと敵ですし、NEXTのころも、味方とは言いがたいんですよね。この人(?)

リナが元祖ツンデレとかアニメ誌にありましたが、たしかにこの話はツンレデだったような……けど、ここまで現在のアニメ界って、ツンレデがインフレおこしていませんか? あんまり、リナをツンデレだとは思わないんですよね。

リナが盗賊いじめで爆発を起こすシーンで、ゼルやアメリアは起きたのに、ガウリイが寝たままだったのがちょっと違うなと今でも思っているのですが……もしかして、リナといると日常的なことだから慣れてしまったのでしょうか? 原作だったらこういうとき真っ先に起きそうですから。

あとは、「食うか喋るかどっちかにしろ」で、食べるほうを優先するのがリナたちですよね。アニメではアメリアも食事合戦に参戦しますし……

ゼルが最期に、埋まったリナよりもクレアバイブルを優先したのは、無意識のうちに仕返しの意味もあったのかもしれません。

盗賊たちがやたらマッチョなのも笑えました。

あとは、ゼロスのATフィールド(中の人とキングレコード繋がり?)と、一部で話題になった間接キスですかね。
あれは、単に黙らせるだけの意味だと思います。
おそらくゼロスは魔族だから、恋愛感情はなく、リナを気に入ったくらいの感情
はあるでしょうけど……

林原さんのラジオによると、アフレコはあと1話らしいです。REVOLUTION13話は早いです。

とりあえず、アトラスシティ編の感想に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コロー展を観に行ってきました!

国立西洋美術館で開催中の「コロー展」を見に行きました。

「真珠の女」という人物画が有名な画家で、彼自身は印象派とはいえないのですが、印象派に影響を与えた画家です。

そういう画家ですので、森などを描い風景の陰影が印象的な人です。
人物画はどちらかというと全体的に色がくすんだ感じに見えました。
もしかしたら、画材の関係もあるのかもしれませんが、色彩は鮮明というよりくすんだ地味な印象を受けます。

上野といえば、東京都美術館で『フェルメール展』が開催しているのですが、夕方でも入場制限がされていたようです。
開催期間は長いので、もっと空いていたころに見に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏コミ2日目一般参加です!

すべての参加された方々、特にスタッフの方、お疲れ様です。

8/16日の夏コミ参加してきました。

会場に着いたのが10時くらいで延々と続く人波にどこまで並ぶのかと不安になりましたが、11時過ぎには入場できました。
サークル参加の入場しやすさ(もちろんちゃんとサークルとして参加しています)を知った後の、一般入場は辛いものがありますね。

おおむね目当てのものは購入できました。まあ、あそこはあとから通販してくれるということで……ただ、企業ブースへの道がとんでもないことになっていましたので、今回は企業ブースを覗くのはやめました。行けば買えるブースだったのですが行くまでが辛いので……

帰り、レコード店や中古店を探しまくりましたが残念ながら、スレイヤーズ無印のDVD-BOXはなし。一方、近所のブックオフでNEXTのDVD-BOXが典型的のブックオフ価格で売られていまして、NEXTは持っていますので、密林川とかで、転売しようかと思いました。
ブックオフは、発売日と保存状態で判断しますので、昔ながらの古本屋が、仕入れに来るといいますし……古本屋の価格破壊になっている一方、私も絶版本を100円で見つけたこともありましたし……

また、無印は地道にオークションや中古店を当たります。
家の保存ビデオを見たら、NEXTとTRYは全部録画していたのですが、無印は欠けているとところがあって……無印だけでも発売時に買っておけば良かったです。まあ、当時は車のローンがあったので余裕がなかったのですが……

アニメイトでけっこうスレイヤーズが大きく取り上げられていたし、仕方ないか……

地元駅に付いた状態で、雨がちらほら降り始め、バス亭に付いた時点でMAXになりました。持っているのが同人誌ばかりで、ビニールのエコバックに入れているとはいえ傘を持っていなかったので、結局母にバス亭まで迎えに来てもらいました……駅に車を置く形にしておけば良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝手に絶望していろ!

ミレニアムの騒ぎが終わり、世界は滅亡することなく(ノストラダムスは別に1999年に世界が滅亡するなど行っていません。もともとヨタ話です)、次の千年紀に入りました。
21世紀になったころから、心理学者が「終わらない日常」など唱えだし、絶望の時代とか嫌なことを言われだしました。

私は世界に絶望したことなどありません。

世界の最小の単位は『自分』です。

自分が世界をどう捉えるかによって、世界などどうにでもなるのです。

だから、私は絶望などしません。

絶望しているのなら、自分をまず変えろ!

 

 

 

余りにも「絶望」「絶望」うるさくなって、ちょっとほえたくなったのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイ・クロラ観て来ました

休暇中に『ポニョ』か『スカイ・クロラ』のどちらかを観にいこうと思っていたのですが、とりあえず9月まで公開していそうポニョとくらべ、スカイ・クロラは、近所で上映している映画館が来週から、夕方以降の上映時間になりそうだったので、今回はスカイ・クロラを観にいくことにしました。

押井守監督作品というより、森博嗣原作というところにひかれて公開を楽しみにしていたのですが、大人にならない『キルドレ』って……もういい歳の自分……耳が痛いです。

今回は、押井監督作品特有(そういえるほど監督の作品に精通しているわけではないですが)のケレン味は抑え目、今までの作品と比べると理解しやすいストーリー展開でした。

空の雲の描写が美しいのはもちろんなんですが、音の演出がアニメとしてはちょっと珍しい感じがしました。画面にはまったく映していないけど、車のエンジンの音がして、人物たちが来客のことを話すシーンとか、映像による演出ではなく、音による場面展開がけっこうありまして、今までのアニメだと、車の音がする場合、1カットは車の映像はつけますよね。
それがなく、音だけで演出されるのが斬新でした。
音の編集は滅茶苦茶大変だと思いますが……

前作のイノセンスと同じようにオルゴールが出てきます。人形は出てこないなと最初は思っていたのですが、今回人形の役割をしているのは『キルドレ』なんでしょうか?

あまりネタばれになるような感想は避けますが、最期は捉えようによってはホラーですよね。

結局、終わらない日常……ビューテフルドリーマーに行ってしまうのでしょうか……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズREVOLUTION第7話感想(ネタばれなし)

とうとう今週末は夏コミですね。

アニメ化の情報が出てのが、今回の夏コミのサークル参加締め切り直前だったせいもあり、スレのサークルさんはそれ程多くないみたいですね。
大阪では、プチオンリーが開かれるようですが、大阪まで参加できないし……
前の記事にコミケット委員会からの連絡をリンクしていますので、もし参加される方はのぞいておいてください。
当日、手荷物検査が行われるそうです。

前半は、リナのワンピース姿が可愛かったです。
TRYのアリスルック以来のスカートだと思うのですが、髪型もお下げでしたし、ガウリイと三つ編みコンビでなんだか似合っていました。
ただ、前作よりロリ化していますね。

前半は、ギャグ月間のような緩さでした……
さすがに今回のシリーズでは女装ねたはないようですが……
お風呂シーンは男湯ですか……

ゼルとうとうオヤジ化……彼は今シリーズではどこまで行ってしまうのでしょか。
段々、いじられるだけのキャラではなくなっていますが。

後半はとうとうズーマが出てきましたね。

久々に、まともにガウリイが活躍してくれまして、持っている武器が光の剣だったらもっといけたと思うのですが……けど、原作ではリナがもっと酷い目に合いましたからね。
お互いの危機には必ず駆けつけるリナとガウリイの絆が見えるシーンで、ガウリナファンとしてはうれしいシーンでしたね。
最期の扱いはちょっと酷いけど……

今回、1クールということもあるのか、余りアニメ誌では、特集が組まれていなかったのですが(前シリーズではあれほど特集を組んでいたア○メディアでは組まれていないし)、アニメージュ9月号で、4ページの特集が組まれていたのでうれしかったですね。

他の方々のブログを見ていると、リナの性格のこととか、5話で新規ファンに対するフォローが薄いとか(過去のシリーズを見ていないと判らない話でしたし)とか色々批判とか出ていますが、私としては批判的は意見は余りないです。まあ、前作からのオールドファンということもあると思いますが……

| | コメント (0) | トラックバック (1)

手術してから3回目のあの日です。

子宮内膜症の手術を受けてから3回目の月経がありました。

生理痛がなくなったわけではないのですが、下腹部の強烈な鈍痛と吐き気を伴う胸焼けがなくなっただけでも儲けものです。

今考えると確かに病気のときは、体調がおかしく、生理痛も今までのものとは違っていました。

生理痛には、前から悩まされていたのですが、出血量はともかく、痛みは単純に痛いだけで、腹の側面に妙な鈍痛があるとか、吐き気はなかったのです。

吐き気などがするようになったのは、子宮内膜症の診断を下る数ヶ月前からです。

生理痛や子宮内膜症を検索してこの記事を見ている方で、最近、生理痛がひどくなった方がいらしたら、一度婦人科の診察を受けることをオススメします。
子宮内膜症は20代でも罹ります。実際、私も20代です。

初期に見つかれば、とりあえず軽い薬などで症状を和らげたりすることも出来ます。

本当にひどくなってからだと、大変なことになりますので、是非、一度婦人科にいってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうとうコミケで手荷物確認だそうです

まあ、そういう日が来るのではないかと思ってはいたのですが、とうとう今度の夏コミで手荷物検査が実施されるそうです。

ネット等で脅迫行為があったそうで仕方がないといえば仕方ないのですが……せちがない世の中になってきましたね。

今回、サークルは落選したので、一般参加者としてコミケには参加しますが、一般参加者も「お客様」ではなく「参加者」です。

当然、検査には応じますし、何事も問題の起こらないことを望んでいます。
 

ここのところ、オタク叩きが起こりそうな事件が色々起こってしまっていますが……エレベーター事件はあれは搭乗者には責任はありませんよ。
ニュースで流れている映像は逆送が始まってからの状態しか流していませんし、そんなときに寿司詰め状態だったからといって、最初から寿司詰めになっているわけないでしょう。
ああいったイベントでのオタクは、ちゃんと係員の指示に従いますし、無理やり後ろから押してくるということも余りありません。

たぶん、あれが普通のデパート等で起きたらもっと大惨事になっていたと思います。

ともかく、コミックマーケット74にどんな形であれ参加される方は、必ず目を通してください。

http://www.comiket.co.jp/info-a/C74/C74Oshirase.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DS版サモンナイト2が届きました!

DS版サモンナイトが届きました。

オフボイスで兄弟子の声が聞けないのは寂しいところですが、早速兄弟子を落としにかかっています(あくまで恋愛ゲームでなくRPGです)。

予約特典のDVDを見てみたのですが、新作アニメが微妙……まだ、1のアニメはキャラクターデザインの幼さがそれ程違和感なかったのですが……2のキャラクターで、あのラインはちょっと辛いものがありました。

一緒に入っている、PS版OPの出来がいいのでなおさら違和感が……

もともと、それ程期待してはいなかったのですが、いや新作の製作会社がこけるときは大ゴケするところですが……PS版の制作会社で作って欲しかったですね。今更ですが……

ゲーム本編の感想はまだ避けます。

先月買ったDQⅤもまだ、ビアンカと再開すらしていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使えない人……確かに

社内の売上システムの都合で、他の営業所に請求書を作成してもらわなければならないところがあったのですが、相手の営業が頓珍漢な人らしく、うちの営業が「使えない人だ」とぼやいておりました。

毎日のように電話を掛け続けて一週間、やっと請求書を作成したもらい送ってもらったのですが、その請求書の封筒の宛名が、

「(社名なし)○○営業所 ××様」

となっていまして、配達員の方に間違いないですよねと確認されて受け取りました。

社内メール便かい!

幸い、社名の印刷された封筒だったので、郵便局でも送り先の予測がついたようなのですが……こんな人に営業させていいのかと、相手先の営業所のことを心配してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズREVOLUTION第6話感想(ネタばれなし)

近々東京に行く予定があるので、アニメショップやCDショップ・家電量販店をまわって無印のDVD-BOXを探してみようかと考えている今日この頃です。

きっと、どこかにはあるだろうと思います。

なかったら、オークションに当たるしかないですかね。

ストーリーの進展しまくった5話に比べて、ストーリー的には殆ど進展しませんでした。

今回は、今までのギャグ月間に相当する話らしくて、ひたすらギャクでしたし、パロディねたもけっこうありましたし……あの人物のデザインはちょっとヤバイと思うのですが……監督が無関係ではないのでいいのか?

玉ころがしの戦略としては正しいのですが、美少女天才魔道師としては考えたほうがいいですよね。

新キャラの説明が殆どなし……スレイヤーズの悪役って、かならずあの手のキャラクターが登場しますね。

なんだかまるで別のアニメのように、マッチョ・オッサンが登場しまくりました。

フィリオネル王子は、とうとう伝説の域にまで達しましたね。

相変わらずオチが突き放し気味でした。その後のフォローがないというか、これで終わりかという終わり方がスレイヤーズぽくて好きですが……

とうとう、ズーマが登場するみたいですね。この人も原作とは別のアプローチになるみたいなので、どういう風な活躍をするのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

新型インフルエンザのこと

前の記事の新型インフルエンザですが、実際にどういうことが起こるのかまだよくわかっていない部分もあります。

もしかしたら、たいした騒ぎもなく収まるかもしれません。

反対に、世界の終末を描いたSF映画のような世界になってしまうかもしれません。

もし、新型インフルエンザが特に流行しないで収束してしまうのなら、そのほうがよっぽどいいのです。

もしかしたら、買い込んだマスクや食料が無駄になってしまうかもしれません。

けれど、本当はそのほうがいいのです。

備えとは、最悪の事態を想定して行うものです。

こんな記事を書いていますが、私は新型インフルエンザ対策を強要しているわけではありません。

しかしこれは、妄想ではありません。

考えるのは自分自身です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルエンザ……実は……

最近、厚生労働省から、企業向けに「新型インフルエンザ」対策が出されました。

勤務先が、防塵マスクや消毒液の扱っているところなので、所長会議で専門家を招いての詳しい状況説明や方針があったそうなのですが、状況はかなりまずい状況です。

世界的な大流行がいつおこってもおかしくない状況まできています。
これまでの弱毒性インフルエンザと違って、致死率の高い強毒性インフルエンザが流行します。
症状も、これまでの風邪のような症状ではなく、全身感染で、重い肺炎・脳炎・多臓器不全をおこすといわれています。

有効なワクチンはまだ数が少なく、医師と永田町の人たちの分しかありません。

有効なワクチンが開発されるのは、結局のところ感染の第一波が始まった後になるので、初期に感染した人たちはまず助からないだろうと言われました。

そうなってくると、結局のところ、感染しないようにするしかない訳なのです。

対策としては、マスク(外の空気を直接吸い込まないように、アゴや鼻を完全に覆うようなものが好ましい。防塵マスクのような専門的なものでもなくていいそうです)や、消毒液・洗剤を備蓄しておいて、流行が起こった際、口からインフルエンザウイルスを取り込まないように、外では必ずマスクを、手や手で触れるものを常に消毒しておく。

また、外出できなくなったときに備えて、食料や水、ビタミン剤などを備蓄しておく必要があるといいます。食料といっても、インスタント食品やレトルト食品で十分なのです。

政府はあてになりません。

自分を守るのは、最後は自分自身で行うしかありません。

流行が起こってからでは遅いのです。
これを読んでちょっとでも思うことがある人は、ドラックストアで除菌シートやマスクを一応買っておこうとか、そういうちょっとしたことからでいいから対策を考えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手術して二ヶ月です

子宮内膜症関連で訪れていらしている方は、ヲタク丸出しの文章に引いていらっしゃると思います。カテゴリー「病気」を押していただければ、病気関連の記事だけになりますので。

「卵巣チョコレート嚢胞」の手術を受けてから二ヶ月経ちました。
幸いなことに、手術の後遺症はありません。

生理通がなくなったわけではないのですが、病気のせいで起こっていた妙な吐き気がなくなり、単純に腹痛が起こるだけになりました。

もっとも再発率の高い病気なので、当面定期的に病院で診察を受けるしかないのですが、薬物療法なら、二週間に一度は病院に行くしかなかったので、それに比べれば断然楽です。

お腹の筋肉もだいぶ復活してきました。

もうそろそろ普通の運動は出来るころあいなので、様子を見ながら犬の散歩とか始めてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隣のアパートのこまった住人

自宅の隣に一人暮らし用の壁の薄いアパートがあります。

オーナーが遠方に住んでいるうえ、契約した不動産屋がろくでもないところらしくて、完成した当初からしょぼい感じがしている上、最近ではろくに敷地の掃除もされていないのでまともな人ならまず入居しません。

そんなわけで、現在の住人も、駐輪場に無理やり軽自動車を止めるし(もちろん道路交通法違反です)、路上駐車はするしとまともでない人ばかりなのです。

特に困ったのが最近越してきた本当に不気味な人で、部屋にはTVしかなく、周りに聞こえる大音量でいつもTVを見ているのです。カーテンがないので部屋は丸見えです。

しかも、最近は聞く人が全員「医者に行け」に言いたくなるような気持ちの悪い咳を一日中しています。

働きに出ている様子もないので、うちの家族はでは実家を追い出された引きこもりではないかと考えています。

母は何度か外にいるところを目撃したそうですが、あまりにも不気味なので声を掛けられないといっていました。

実際、大音量のTVだけでも問題なのです。

採算がとれているようにも見えないし、アパートを取り壊してくれないかと最近思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »