« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

スレイヤーズ(無印)のDVD-BOXをGet!!

生産終了でCDショップ等も品切れになっていたため、入手できなかったスレイヤーズ(無印)のDVD-BOXをついに入手しました。
新品ではないのですが、新古品状態でしたし予算内で手に入れられたのでいい買い物でした。まあ、本当はネットショップに在庫のあるうちに購入しておくべきでしたが……発売当時は車のローンが残っていたし……

NEXTとTRYは先日、運良く地方のアニメイトで購入できたので、TV版のDVD-BOXはコンプリートできました。
3BOX特典DVDについては微妙な評判しか聞かないので、偶然古本屋等に適当な価格であったなら入手しようと思います。

あとは、出来れば劇場版&OVA版のBOXも入手したいのですが、REVOLUTIONを全巻予約しているし、こちらはまあ、そのうちということで……

TVシリーズといえば、以前出たDVD-BOX缶もそれにしかない特典とかがあるので、興味があるのですが……宝くじで100万円とか当たったらオークションで競り落としますがね……いまだ、プレステ2はパソコンでしかDVDを見られない環境なので、いい加減DVDレコーダーが欲しいのですが……

CDドラマはタイトルから予想はしていたのですが……本当にそのまんまですね。
DVD-BOXの一年ほど前に発売されたスレイヤーズ VS オーフェンのCDと単行本を持っている人ならわかるネタです。
ちなみに、私はスレイヤーズ VS オーフェンのドラマガ増刊のほうも持っています。
オークションに出せばそこそこの金額になるかもしれません。
出しませんが……

海外版ダイジェストは、なんだか日本語版以外コントに聞こえました。

まあ、日本語版はやっぱり中の人がすばらしいということです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

オンデマンド本の原稿終わった!!

なんとか原稿終わりました。後は入稿するだけです。
それにしてもネット入金は便利ですね。原稿もデジタルにする時期ですかね。
後は少しでも寝ないと仕事が辛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミケの同人誌の8割がアダルトって……どこ見ているのだろうか?

ニュースを見ていたら気になった記事がでてきたので物申す。

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20080927021/1.htm

記事のメインは、中国からみた日本の風俗のことなのですが、この記事で明らかに間違っているのが「日本最大の同人誌即売会コミックマーケットでは同人誌の8割がアダルト関係であり、今では親子連れの参加者が恥ずかしがりもせず一緒にボーイズラブ(少女向け男性同性愛)の本を買っている」というところ。

まあ、男性向け同人誌販売店などは半数以上が成人向けだったりしますが、実際は、成人向けはせいぜい全体の2・3割くらいだと思います。

この記者は、おそらく男性向け中心の3日目の成人向けサークルの中だけを見てすべてだと思ってしまったのでしょう。
今、コミケではちゃんと成人向けは表示が義務付けられていますし、18歳未満が購入しないようにとサークルには指導されています(まあ、絶対とはいえませんが)。

あと、ボーイズラブ=アダルトというのも違います。
私は、あまりBLには興味がないほうなのですが、BLどちらかというと現実の性愛をさけたプラトニックなもので、成人向け表現があったとしても、生々しさは薄いです。
腐女子が見たら怒りそうな記事ですよ。

同人活動をしているものの端くれとして、誤解を受けるような表現は本当に避けて欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズREVOLUTION第13話(最終回)感想(ネタばれなし?)

DVDレコーダーを調達するのに奔走しています。

家電コーナー行っても、DVD-ROMはあってもビデオなんて殆どないし、いい加減嫌になってきています。

冬のボーナス一括でブルーレイ対応を買うか、決算セールで在庫処分のDVDのみ対応のレコーダーを買うかなんですが……

ネットに飛び交う情報をまとめて見ると、新シリーズはAT-Xのみ放送ではなく、AX-Tで先行放送、後に地上波等に放送予定になるようなのですが、もしテレ東等で放送されるとしても、DVDソフトの発売と同時放送くらいなのでしょうね……

猫南蛮亭が復活されていたので、のぞいて見たのですが12話でセイルーンが区画整理されてしまっていたのは、図形NGがかかったようでして……いやあの形は国際的には色々NGがかかる図形ですから……

さて、一応REVOLUTIONは今回で最終回でしたが……

終わりはしないというか……終わってない!

思いっきり次回に続くという感じでしたね。
いままでのシリーズだと1クール終了、次回からギャグ月間に入るというそんな状態です。
まあ、あれだけの伏線を張っておきながら今回だけで解決はありえないとは思っていましたが……あからさまに新シリーズに続くという感じでしたね。
AT-XのCMも新シリーズ先行放送とか出ていたし……目の前ににんじんをつられた馬のように、多分新シリーズ放送時期だけでもAT-Xに加入することになりそうです。まあ、AT-X先行配信を決めたのはあくまでスポンサーサイドだと思いますが……

地上波で放送までまとうとか、簡単に諦めが付くようでしたら、そもそもオタクと呼ばれる人種にはなりませんし……

さて、最終回ですが、話自体は良かったです。

ちゃんとみんなの適材適所で見せ場がありましたし、これまでのでたらめな魔法の使い方ではなくて、適格に魔法が使われていましたし……何より、リナの言葉がリナらしい!

セイルーンの人達も、単なる背景・引き立てキャラで終わらず活躍しているのが良かったですね。

平和主義者クラッシュも見られましたし……魔族には効くけど、ザナッファーにはさすがに無理なようでしたが……

まあ、ズーマが次回持ち越しなのは予想が付いていましたが、ゼロスの目的も結局謎のままですね。まあ、今までで一番原作寄りの性格をしていましたが……
ワイザーにしたところで、3話の延長でリナを利用してジョコンダの計画を潰しただけ……ではなかったようで……なんだか、読めないです。

アイキャッチは主人公差し置いて、ゼロスと、ガウリイとシルフィールですか……まあ、リナ単体のアイキャッチも多かったし……

結局、剣見つかりませんでしたね。というか、剣探しどうなっているのでしょうか?

当初から一部で言われていた通り、今シリーズと、第5シリーズで実質的な1シリーズになるようですが、この流れで行くと、原作第2部はまだ映像化されないようですね。

まあ、TRYの思いっきり終わりみたいなEDは寂しいので、次が決まっていること自体はうれしいのですけど……

とりあえず、10月と11月に新装版の残りが出ますし、ムック本も出ますし……シリーズ完結後のムック本って意外と出ないものなので楽しみなんですよね。

ちょっと、もやもやしたものを抱えつつ、次の情報と待とうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズ(無印)6~10話再鑑賞感想(別窓)

もう決定事項らしいですが、抗議の意味も含めて一言。

スレイヤーズ第5シリーズ地上波放送希望

スレイヤーズってメジャータイトルのはずなのに……放送開始までに、スカパーは契約されすれば済むのですが、DVDレコーダーを買わないと録画できない。

反転ではなく、別窓を設ければいいことに気が付きました。

そういうわけで、誰も待ってないだろう無印の感想です。

感想はこちら
http://mongomeiri.cocolog-nifty.com/sokuhou/slayers-6-10.html

続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『崖の上のポニョ』を観てきました!

ポニョ ポニョ ポニョと主題歌がやたらと頭に残るポニョですが、とりあえず子供が沢山いる期間は避けようと思っていたらこんな時期になりました。

お陰で劇場内は10代未満はあんまりいなかったので、鑑賞はしやすかったです。

すごく面白いと、すごくつまらないと評価が二分しているらしいですが、私は面白かったです。

あんまり考えては見てはいけない話ですね。

ポニョの本名「ブリュンヒルデ」は思わず笑ってしまいましたが、いい大人でわからない人は……けっこういるだろうな……

宮崎版「人魚姫」ということでしたが、確かにそうでした。ただ、主人公が5歳児なので、「好き」か「嫌い」しかない。両親の好きなのにすねて「BAKA」と信号を送ってしまう複雑さはとくらべると面白いですね。

宗介のお母さんの「リサ」がこれまでの宮崎ヒロインを髣髴させる「オトコ前」なお母さんなので惚れましたね。

もう一人のお母さん「グランマンマーレ」はディズニーチックな、アイシャドーの濃美人でしたが……千尋あたりから、化粧の濃い人が最低でも一人は出ていますね。

今回は、ハッピーエンドでしたが、アンデルセンの人魚姫は「片思い」のまま終わってしまうのですよね。
アンデルセン自身が、生涯片思いで終わってしまったのですが。

ポニョのキャッチコピーが「生まれてきてよかった」、同じく夏に公開されたスカイ・クロラが「もう一度、生まれてきたいと思う?」なんだか、内面はともかく表面上は反対ですよね。

10年ほどにもののけ姫が公開されたときももののけ姫が「生きろ」で、エヴァンゲリオンが「みんな死んでしまえばいいのに」なんて正反対のキャッチフレーズだったこともありましたけど……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズ新作まさかAT-X限定とは……

先日、ドラマガ11月号とせれくと2巻を購入しまして割とショックを受けています。

もしかして、もしかしてREVOLUTIONって、このための番宣か! とか思うくらいです。

元々、AT-XでREVOLUTIONをご覧になっている方はそれほど痛くない話でしょうが、とうとうAT-X限定放送ですか……

幸い、両親がスカパーチューナー内蔵の最新型TVを夏に購入していますので、加入料さえ払えば視聴は可能なのですが……AT-Xは基本パックにはいっていないから、最低でも月2千円の出費……きついですね。

それ以前の問題として、家はまだビデオなので、今のままじゃ録画できない……

ブルーレイ付きじゃなくて、安いのでいいからレコーダーを買おうと両親と協議を重ねているのですが、春に受けた手術の過払い金まだ戻って来ていないので、私が自分で買うといっても両親がよけいな出費をするなと言ってくるのですよ。同居しているので、そういうところはなかなか逆らえません……

わざわざ、AT-Xとつけているからには、地上波はなさそうですね。

地上波ではどうしても規制のかかるナーガは出てくるようですが……スレイヤーズに関しては自分の中でかなり規制が緩いので、きっとスカパー契約するだろうな……

わざわざ、有料チャンネルでやるからには、それなりに質の高いものを製作して欲しいです。

REVOLUTIONの感想、見直してみるとスレイの新作だとか、ここは良かったとか消極的な感想しか書いていないのですよ。原作と違う設定や展開になるのは仕方がないとして、過去のTVシリーズを無視したりや、矛盾したりはどうかと思うので。

新作が出るのはうれしくないとかそういうわけではないのです。

REVOLUTIONだって、まさかもうやるまいと思っていた本編のTVシリーズが見られたのはうれしかったです。

けど、なんだかもやもやしますね。

10月と11月には新装版の残りが出揃うそうなので楽しみです。いつも、アニメイトで買えないので、この間アニメイトで透明カバーを買ってきたのです。

出揃ったら、15巻すべて並べてみようっと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズREVOLUTION第12話感想(ネタばれなし?)

今回はちゃんと最終回目前らしい話でした……それで喜ぶのもどうかと思いますが……今回はシリーズ構成の方の脚本でしたから

今週はドラマガ発売なので、最終回と新シリーズの情報が出てくるのでしょうか……

割とあっさりとシルフィール出てきました。
シルフィールに関してはあんまり説明がありませんでしたね。
まあ、シルフィールに関して説明できる余裕はなかったですけど。

フィルさんは声変わり……いや、TRYの人でしたっけ?
ちゃんとエンディングテロップ見ていなかったのですが……

ちゃんと最終決戦前に武器調達していましたし、ガウリイが取った剣が例の『無銘の魔法剣』だったら面白いですけど……多分、そんなことはないでしょうね。
ガウリイの剣探しは結局新シリーズまで引きずるのでしょうか?

ゼルやアメリアも今回は正しい魔法の使い方をしていましたし。

リナが、ラグナ・ブレードを温存しているのもちゃんと理由がありましたし……

ガウリイと光の剣の関係に触れてなかったのって、もしかして今回のための複線だったのでしょうか?

このままの勢いでちゃんと最終回に行ってくれるといいのですが、今回けっこう脚本で話の質のばらつきがありますよね……13話で遊びがないため、よけいにそう思うのかもしれませんが……

いくら、変則2クールといっても、REVOLUTION自体は13話構成ですし、それだけで話が完結していないといけないわけですけど……なんだか、イマイチ説明不足というか、そもそも13話で完結は無理ですよね。

ここ数年、あんまりアニメは見ていなかったのですが、いつの間にか世の中は1クールアニメが増えてきましたよね。
スポンサーや制作会社がどういう状態なのかは判りませんが、1クールだと余りにも余裕がなくて話が説明やキャラ紹介だけで終わってしまいますよね。
アニメを製作するなら、最低でも2クールは欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち を観て来ました!

フェルメール作品が7作品展示されることで話題になっている「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」を観にいきました。

先にジブリ展を観て来たので、午後に行ったのですが、それでも入場制限がされていて、30分待ちました。

まあ、入場制限のお陰で、中の客は一定数以上にはならず、割合落ち着いてみることが出来たので、そう悪い物でもなかったのですが……

フェルメール7作品というのは見ごたえがありましたし、解説が作品の少し離れた場所にあったり、作品同士の間隔があいている余裕のある展示構成になっていたので、けっこうじっくり見ることが出来ました。

フェルメール以外のデルフト絵画もけっこうじっくり見ることが出来まして、見ごたえのある絵画展でした。

まあ、出来れば平日に行きたかったのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタジオジブリ・レイアウト展を観にいきました!

東京都現代美術館で開催されている「スタジオジブリ・レイアウト展」を観にいってきました。

東京とはいえ、地下鉄を乗っていかなきゃならないちょっと面倒な場所でチケットはジブリ美術館と同じくローソンでの予約制、加えてレイアウトというちょっとマニアックなものを扱っているせいか、思ったよりも子供は少なく、客の大半はアニメファンの10~20代でした。まあ、ジブリということで内容がよくわからないで来てしまった人は、展示されているのがアニメ資料なので何だこれはという表情で観覧していましたが……

レイアウトというのは、絵コンテと原画の間の作業で、絵コンテをより作画的に詳しくしたものらしいのですが、おそらく大半のアニメスタジオではここまでの作業はせず、絵コンテの次は原画に行くのではないでしょうか。

絵コンテや脚本、原画などは割と公開されますが、レイアウトなんてものはそれ程公開されるものではないので、アニメファンには楽しめる展示です。

ジブリ以前の、ルパン(第2期)や赤毛のアンの資料があったのもうれしかったです。

最期に撮影コーナーがありまして、ポニョがはいっているバケツや、トトロの巣が床に描かれていまして、そこで撮影するとジブリ映画の1シーンになるというわけなのですが、そこは子供には大盛況でした。

ジブリ展の半券で割引になるので、同館で開催されていた「パラレル・ワールド展」も観にいったのですが、20世紀初頭のSFの挿絵を彷彿させるような、絵画や立体作品、アニメーションが展示されていました。

なかなか楽しかったです。

チケットは時間制なのですが、10時代は混みますがそれ以降はけっこう空いていました。ゆっくり見たいのなら、12時からとかがお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズREVOLUTION第11話感想追記

最初の記事が読み返すとけっこう辛口でした。

今回は、無印9話を思い出させるようなリナのいい台詞があったりとテーマ性は良かったんですよ。

しかし、全体的に新規さんには不親切なところが多いシリーズとは言えるかも。

ガウリイが光の剣(本物)をかって持っていたこととか、ゼロスが高位魔族で魔王の5人の腹心に次ぐ実力をもっていることとか、ゼルがレゾの孫(か曾孫)に当たることとか、今シリーズで触れられていないので、原作も読んでない新規さんにはわからないでしょう……

続編でも、NEXTやTRYならタイムラグがないので、キャラ紹介などは最小で済んだのですが……次回出てくる彼女もちゃんとフォローがないと、誰だこの人になってしまいますし。

リナの本当は優しいところとかも、今回の台詞がなければただのドラまたで終わってしまうような……

結局、また辛口でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズREVOLUTION第11話感想(ネタばれなし)

すたちゃの公式サイトで、噂の第5シリーズの製作が公式発表されていました。
原作2部のあの二人組は出るのでしょうか? というか、アニメに出る機会はあるのでしょうか? ゼルとアメリアがアニメに出る限りは無理なような……

今回は、ネタばれなしです……というか、ネタばれになるような情報もないですね。
ラスト3話なのに、前回と比べて明らかに失速気味でした。

戦闘シーンがちょこっとだし……またガウリイ活躍していないし……

主人公達とは反対に、活躍していたのはザナッファー……このままだと、このシリーズ、全シリーズ一の破壊活動具合になってしまうのですが?

やっぱり、ポコタの光の剣は所詮レプリカといったところで、ガウリイの剣はなんだか見つからないうちに終わりそうですね……

救援物資の話は、現在の世界情勢にも通じるところがあります。
日本政府も諸国に援助をしている割にはちゃんと追跡しているのか疑問に思うところもありますし……特に北朝鮮。絶対まともな使われ方していないと思いますし。

今回は、ザナッファーすごいよといった話なのでしょうか……1話かけてろくに話が進んでいない……今まで、あまり悪い感想は書いていなかったのですが……盛り上がりがいまいち欠けている回でした。

次は、終わりの女が久々に登場するらしいです。別名ラジオドラマの黒幕(笑)。

アニメ誌の発売日なので、一通り目を通してみたんですが……新番組情報に比べて、最終話情報は、マクロスFとルルーシュくらいしか出ていませんでしたね。

考えて見れば、10年前と比べてアニメの本数は格段に増えているので、すべてはフォローしきれないのでしょう。

DVD1巻のジャケットって、あのイラストなのでしょうか? もしかして、使いま……

とにかく、ラスト2話に期待でしょうか。

次はテレビ東京は30分放送が遅れるらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

誕生日にディズニーシーに行って来ました!

9/5は誕生日でした。

最近の誕生日は、両親がすっかり忘れているという悲惨な状況続きいていましたが、今回は友人たちと東京ディズニーシーと行く日が偶然誕生日とちょっとうれしい状況になりました。

平日だし、ランドは25周年だし、子供の夏休みは終わったし(大学生は夏休みですが)、次のイベントの始まる前ということで、シーはけっこう穴場でした。

パスで予約しないで、大概のアトラクションに乗れましたので。

最初に前回はまだ建設中だった『タワー・オブ・テラー』をパスで予約しようと思ったら、20分くらいで待たずに乗れるで乗ることになりました。

垂直に落ちる落下形のアトラクションで、再上部だけ外が見えるのが恐怖を誘います。
まあ、物凄く怖いというほどではないのですが……

その後に混む前に昼食を食べ、お土産等を買いロッカーに全員でまとめて預けました。

終わりは混みますので、初めにお土産は買ってしまうのがお約束ですし……

その後、インディ・ジョーンズやら、アクアトピアやら、センター・オブ・ジ・アースやら、休止していないアクション系には一通り乗れました。

センター・オブ・ジー・アースといえば、注意に急降下とか急上昇するとか書いてあったので、どんだけ激しいアトラクションなのかと思っていたら、たいしたことはなかったですね。

後は、ショー系ではマーメイドラグーンや、ミステックリズムを見たのですが、おおむね良かったですね。

夕飯は、ブッフェ形式のものを食べたのですが、これがなかなか美味しかったです。

ローストビーフも美味しかったですし……

友人たちが、密かに誕生日のキャンドルサービスを頼んでくれたので、久々に誕生日の歌を歌ってもらったのですが、恥ずかしいですね。
うれしかったのですが……

Nec_0175 Nec_0176

Nec_0177_2

花火を見てから帰ろうと思ったら、友人の一人が時計を紛失していました。落としたと思われる場所にもなくて、だめもとで、遺失物センターに届出でも出そうと行って見たら、落とした時計が届いていました。

清掃員が拾っておいてくれたようです。
本当良かったです。

そんなこんなで、電車に乗るのに遅くなった上に、到着駅の2.3駅までで、人がホームに倒れるという事故が起こり、どうも酔っ払いが転んだらしいのですが、そのせいで電車がしばらく止まってしまいました。

こういう人間に同情は出来ないので、迷惑だと思いました。

そんなことで、駅に着いたのは日付が変わってから。

地元駅は、駐車料金が高いので電車を使うときはめったに止めないのですが、今回は帰りが遅くなるのが判っていたので車を止めておきました。

そんなことで、駅からすぐに家には帰れたのですが、タモリ倶楽部見逃しました……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手数料は高いけど……特典つきの予約をしてしまうのが悲しきファンの性です

いつも利用している密林川なら、割引が利くし、送料も一定の価格以上なら無料だしということで、ドンだけ高い買い物をしても手数料はかかるし、割引もない。
判っているのに、アニ○イトの通販で全巻予約しました。

予約した商品は、いまこのブログで頻繁に話題に上がる「スレイヤーズREVOLUTION」です。
お店は一番近くて車で一時間。まだ、会社と同じ方向とかだったらどうにかなるのですが、会社と真逆の方角にあるし……そんなところに頻繁に行けるはずもなく、全巻連動特典に惹かれてしまい、つい予約。
一回ごとに送料がかかるので、密林川との差額は1回に付き約1000円……高いですね。

つくばにあたりにアニ○イトが出来てくれればだいぶ楽なのですが……

TXで秋葉原まで、1時間弱で行くことは出来ますが、本気で茨城県南地区への出店を考えてくれませんかね。

今日は、誕生日です。

今日に決まったのは偶然なのですが、友人達と有給とってディズニーシーに行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズREVOLUTION第10話感想(ネタばれ少しします)

劇場版グレンラガンのCMがやっていました。近所の劇場でも公開されるのですが、そこは10月の公開になるそうで少しお預けです。

林原めぐみさんがラジオでアフレコは終了したと言っていました。
今月でREVOLUTIONも終わりだと思うと寂しいものです。
なんだかんだいって、スレイヤーズの新作がTV放送されているだけでお腹いっぱいだったもので……

今まで、ネタばれするような事は書きませんでしたが、今回の感想はそれ無理っぽいので少しネタばれします。

今回はガウリイの回と言っていい位ガウリイが活躍していました。

「オレも馬鹿じゃない」とか台詞にもありましたが、普段は間抜けでも、いざというとき適格な判断が出来るのがガウリイの魅力だと思います。

久々にあの剣での活躍もありましたし、リナの保護者も出来ていましたし、汚名返上といった感じでしょうか。

あと、すごい嫌なプロポーズ受けていました……。リナも耳ダンボにしていましたし。
無印でもプロポーズされたこともありますし(女装時に男にだけど)、シルフィールやザングルスにも惚れられるし、スレイヤーズ一のモテ男ですね。けど、プロポーズされてもうれしくありませんねあれじゃあ……

新装版のあとがきで、原作で語りきれなかったズーマの設定をアニメで出すとありましたが、暗殺者になった理由は、原作もアニメも今回語られた通りなのでしょうか……?

いや、また出てくるとは思いますが、原作ではダッグを組んだセイグラムはNEXTで滅んでいますし、どうなるのでしょうか?

赤い人がチラッと台詞付きで出てきました。無印以降だから、13年ぶりですかね。

今回、自分的に感動したのが、ラグナ・ブレードがとうとう出てきたことですかね。

10年まえは難しかったCG表現が今回は可能ということで、CGで表現されたラグナ・ブレードは見ごたえありました。

10年前との一番の違いが、やはり魔法の表現の仕方ですね。
前作はセルの時代ですし、光の表現は難しかったようなのですが、今はCGで表現可能。
監督がDVD−BOXのライナーノートでも、魔法をCGで表現したいといったようなことを書いていらっしゃいましたが、本当に良かったですね。

ザナッファーはあれだけ……次回どうなるのでしょうか?

DVD1巻、とうとう来月発売ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ誕生日なのですが……

定年に片足を突っ込んでいる親父が、年金の低さと物価の高騰に「これじゃ孫に小遣いが上げられない」とかぼやいたらしいですが、私ら姉妹、独身ですし、予定もないし、お腹の中に仕込んでもおりません。

隣で聞いていた母は、気が早いとせせら笑ったらしいです。

いままで散々晩婚と馬鹿にしていた母の結婚した時期を越えてしまいました。母が結婚したのは四半世紀以上昔なので、当時の平均結婚年齢とか考えても、まだ私は行き遅れとかいわれる時期ではないのですが……晩婚と馬鹿に出来なくはなってしまいました。

羊水が腐るとか言ってヒンシュクをうけたタレントや、先日もある政治評論家が子供3人などと言って非難を受けていましたが……今、子供3人なんて産みたくても産めない家庭のほうが多いじゃないですか。

ともかく、短大のときに、「安全な出産をしたいのなら24~29歳のうちに初産を経験したほうがいい」と言われたことが気になります。もちろん、今は医療が進歩していますから、40代で初めての出産でも昔よりはリスクが少なくなりました。しかし、そういう問題とは別に、生物としての人間を考えるなら、やはり20代の出産が一番低リスクな訳です。

別に結婚出産願望があるわけではないのですが……

まあ、「親父すまん」と心の中で謝って起きます。

多分、長女の産んだ孫は無理ですから……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スレイヤーズ(無印)再鑑賞感想2~5話(反転)

スレイヤーズ・レジェンドの新作ですが、結局おっぱい&ぱんつ祭りの印象しかないんですよね。というか、アクションシーン以外でも常にぱんつが見えるスカートたけってどうなんでしょう……あと、ゲストヒロインのあの衣装……絶対胸こぼれますから……
ストーリー自体も、他の作品の設定と矛盾が多くて、こんなの認めないとまでは言いませんが、他の作品と比べても浮いていますね。なんだか……

無印を見返していると、リナがなんだか初々しいです。EDのイラストもらぶらぶ(?)二人旅とい感じで、他のシリーズとはまた違ったほのぼの感があります。

1巻の内容を、アニメでは10話使っているので、このあたりは割と話のテンポが遅めです。夕方の番組だったので、表現に制限のかかっているところはありますが、割と原作に忠実なストーリーでした。

そういうわけで以下反転です。

2話といえば、原作でもあったリナが宝石を加工してマジックアイテムにするシーンがありまして、一見無駄に見えますが、スレイヤーズの世界観をあらわす重要なシーンです。秘密本が流行ったころに「スレイヤーズの秘密」などという本が出て、リナの宝石加工が宝石の価値を暴落させるとかそんな内容のことが書いてありました。

ちなみにこの本。余りにも内容が酷すぎて、逆に笑える本です。余りにも非難が大きかったのでしょう。「スレイヤーズの秘密」のフォロー本としかいいようなない「スレイヤーズの超秘密」などという本も出てきました。

あとは、原作にもあった川魚を食べるシーン……このころは、虫を食べたくないとかゲテモノ食いじゃなかったのになあ……ガウリイ

トロルを倒すシーンは、原作でもグロいと表現されていたせいか、表現方法がかわっています。これは仕方ないですね。

あと、顔見せ程度ですけど、ゼルガディスが登場しますね。

3話といえば、まずゼルガディス登場ですが、このころはシリアスですね。このころはゼルがあそこまで崩れるとは思わなかったし……

あとは、保護者ガウリイ全快なお花畑のお姫様だっこと、部屋でベットを挟んでお互い床で寝るシーンがとても印象的でした。始めて見たときはまだ原作を読んでいませんでしたし……アニメはともかく、原作の二人の関係はプラトニックなんですよね。

けど、この時点のガウリイにとって、リナは恋愛対象ではないんでしょうね……リナのほうはともかく。

あとは、レゾ初登場ですが、滅茶苦茶怪しいですね。

4話といえば、スレイヤーズの世界観が語られていますが、棒の上に世界が乗っかっているいるというのは抽象的な表現で、実は世界は球体である……と説明されているのは、NEXTですね。まあ、10話のギガ・スレイブの複線なわけですが……

あとは、「あの日」なわけですが、ストーリーに関係するし、馬鹿にした表現がないということで、あの日はOKになったらしいですが……「フェミニズムファンタジー」と呼ばれる分野とかで、けっこう重要なモチーフになることも多いのですが……まあ、この話は語りだすと長くなってしまうので……

5話、「女を犯せ」とか、「卵を産め」はさすがにNGだったらしいです。REVOLUTIONのような深夜枠でもNGだったのではないかと思いますが……「卵を産め」はサントラのミニドラマで復活しましたし……ただ、ヌンサのキス(……というより頭を食われる)はダメージ的には同じがそれ以上だと思いますが……

ゼルの人間バージョンが映像化されましたが、今のほうが美形っぽいというのはNGですね……ちなみにこの回のガウリイ全然役に立っていません。

誰もまってはいないと思いますが、6話以降に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »