« スレイヤーズ(無印)再鑑賞感想1話(反転) | トップページ | もうすぐ誕生日なのですが…… »

スレイヤーズ(無印)再鑑賞感想2~5話(反転)

スレイヤーズ・レジェンドの新作ですが、結局おっぱい&ぱんつ祭りの印象しかないんですよね。というか、アクションシーン以外でも常にぱんつが見えるスカートたけってどうなんでしょう……あと、ゲストヒロインのあの衣装……絶対胸こぼれますから……
ストーリー自体も、他の作品の設定と矛盾が多くて、こんなの認めないとまでは言いませんが、他の作品と比べても浮いていますね。なんだか……

無印を見返していると、リナがなんだか初々しいです。EDのイラストもらぶらぶ(?)二人旅とい感じで、他のシリーズとはまた違ったほのぼの感があります。

1巻の内容を、アニメでは10話使っているので、このあたりは割と話のテンポが遅めです。夕方の番組だったので、表現に制限のかかっているところはありますが、割と原作に忠実なストーリーでした。

そういうわけで以下反転です。

2話といえば、原作でもあったリナが宝石を加工してマジックアイテムにするシーンがありまして、一見無駄に見えますが、スレイヤーズの世界観をあらわす重要なシーンです。秘密本が流行ったころに「スレイヤーズの秘密」などという本が出て、リナの宝石加工が宝石の価値を暴落させるとかそんな内容のことが書いてありました。

ちなみにこの本。余りにも内容が酷すぎて、逆に笑える本です。余りにも非難が大きかったのでしょう。「スレイヤーズの秘密」のフォロー本としかいいようなない「スレイヤーズの超秘密」などという本も出てきました。

あとは、原作にもあった川魚を食べるシーン……このころは、虫を食べたくないとかゲテモノ食いじゃなかったのになあ……ガウリイ

トロルを倒すシーンは、原作でもグロいと表現されていたせいか、表現方法がかわっています。これは仕方ないですね。

あと、顔見せ程度ですけど、ゼルガディスが登場しますね。

3話といえば、まずゼルガディス登場ですが、このころはシリアスですね。このころはゼルがあそこまで崩れるとは思わなかったし……

あとは、保護者ガウリイ全快なお花畑のお姫様だっこと、部屋でベットを挟んでお互い床で寝るシーンがとても印象的でした。始めて見たときはまだ原作を読んでいませんでしたし……アニメはともかく、原作の二人の関係はプラトニックなんですよね。

けど、この時点のガウリイにとって、リナは恋愛対象ではないんでしょうね……リナのほうはともかく。

あとは、レゾ初登場ですが、滅茶苦茶怪しいですね。

4話といえば、スレイヤーズの世界観が語られていますが、棒の上に世界が乗っかっているいるというのは抽象的な表現で、実は世界は球体である……と説明されているのは、NEXTですね。まあ、10話のギガ・スレイブの複線なわけですが……

あとは、「あの日」なわけですが、ストーリーに関係するし、馬鹿にした表現がないということで、あの日はOKになったらしいですが……「フェミニズムファンタジー」と呼ばれる分野とかで、けっこう重要なモチーフになることも多いのですが……まあ、この話は語りだすと長くなってしまうので……

5話、「女を犯せ」とか、「卵を産め」はさすがにNGだったらしいです。REVOLUTIONのような深夜枠でもNGだったのではないかと思いますが……「卵を産め」はサントラのミニドラマで復活しましたし……ただ、ヌンサのキス(……というより頭を食われる)はダメージ的には同じがそれ以上だと思いますが……

ゼルの人間バージョンが映像化されましたが、今のほうが美形っぽいというのはNGですね……ちなみにこの回のガウリイ全然役に立っていません。

誰もまってはいないと思いますが、6話以降に続きます。

|

« スレイヤーズ(無印)再鑑賞感想1話(反転) | トップページ | もうすぐ誕生日なのですが…… »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/42343205

この記事へのトラックバック一覧です: スレイヤーズ(無印)再鑑賞感想2~5話(反転):

« スレイヤーズ(無印)再鑑賞感想1話(反転) | トップページ | もうすぐ誕生日なのですが…… »