« 土曜出勤日……脂に当たる? | トップページ | スレイヤーズEVOLUTION-R第2話感想(ネタバレは別窓) »

「テイルズ オブ ジ アビス」第12話感想

前半と同じペースではストーリーが収まりきらないだろうと思っていたら、このあたりからストーリーをテレビ用に再校正しているようですね。

ブウサギ陛下という印象の強いピオニー九世と、ガイラルディアの話です。

シンクの掛けたカースロットで操られてルークを攻撃してしまうガイですが、これがその直前にルークをかばった後。ルークも直前に助けてくれた相手に攻撃されたので驚きます。

ティアとナタリアによって、ガイを操っているシンクが射られ術は解けますが、カースロットは相手を操る術ではなく、理性を麻痺させる術なので、ガイ自身にルークに対する殺意がなければ攻撃してこないということでした。

術のとけたガイから、「自分はマルクトの貴族で、ファブレ公爵によって一族が滅ぼされた」と衝撃の事実を聞かされます。

つまりガイの恨みは、息子のルークというよりどちらかというとファブレ公爵に向けられたもので、ファブレ公爵がもうちょっとおとなしい人なら、ルークやアッシュももうちょっと穏やかにすごせいたように思えるのですが……

とはいっても、今のルークに対して本当に殺意があるわけではなく、ある賭けをしているのそばにいさせてほしいガイは、いい人ですね。

ルークにしても、ガイを信じているのは本当なので、結局二人の友情は崩れなかったようですが。

一方で、ピオニーがとうとう登場。

キムラスカのインゴベルトよりは大物のようですが、年若いせいか議会を掌握し切れていないようです。

ちなみに、すでにこの回でブウタギ好きが判明。けど、ペットに初恋の人や友人の名前を付けるのはどうかと思いますが。

セントビナーに村人の救出に向かったものの、後一歩というところで大地が沈み始めてきて……そこに意味深なシルエットと口元に笑みを浮かべる謎の女性ということで、次回はアスビオールとノエルが登場らしいですね。

|

« 土曜出勤日……脂に当たる? | トップページ | スレイヤーズEVOLUTION-R第2話感想(ネタバレは別窓) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/43767372

この記事へのトラックバック一覧です: 「テイルズ オブ ジ アビス」第12話感想:

« 土曜出勤日……脂に当たる? | トップページ | スレイヤーズEVOLUTION-R第2話感想(ネタバレは別窓) »