« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

東のエデン第8話感想

ジョニーってだから何?

また、例のコダマもどきのパペット?が、滝沢の夢の中に出てきました。あれもジョニーです。

結局、捕まっていなかった大杉ですが、恋敵という色眼鏡つきのため滝沢のことは敵視しています。

東のエデンのメンバーたちに、滝沢と組むのなら自分は抜けるという趣旨の宣言をして、就職先に向かおうとした大杉ですが、こっそり滝沢を携帯で撮影すると東のエデンを使って彼の情報提供を呼びかけます。

一方滝沢は、起業のための書類を平澤に渡します。

失った記憶の手がかりにと、近藤のものだったノブレス携帯の解析が出来ないかと平澤たちに尋ねたところ、京野のニートパンツ君なら解析できるかもしれないということで、みっちょんと咲を連れて彼のところに向かうことにしました。

パンツ青年は、一張羅のズボンをなくして以来大学にも行かず引きこもっているとのこと。女の子たちをよこしてもダメ、雑誌のお使いを頼んで咲たちを遠ざけたパンツ君に、自分がセレソンであること、解析して欲しいのがセレソンの携帯であることを継げ、彼に協力を仰ぎます。

天の岩戸は滝沢の説得に開き、パンツ君と滝沢は見事会合を果たします。

一方、大杉は滝沢が沢山の名前を持つこと(1話の複数のパスポートの名前です)などの情報から、彼を危険人物と判断。平澤に連絡を取ります。

これからどうなるのか。もう終盤にになりますね。

EDのCDを購入したら、メリーゴーランドのいつものイラストと天秤のあのイラストのシールがついてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

脅されてもマスクはありません

別にマスクをつけてればいいって訳じゃないですよ。ほんとに……

キッチンペーパーでマスクとか本気で訳わかんない状況になっていますが……

新型インフルエンザの情報が流れてから、流行までスピードが速すぎたせいで、マスクの生産体制を整えるまもなく品切れになってしまいました。

用途外のマスクをしても、インフルエンザは防げないし、それでインフルエンザにかかったと苦情が来ても困るので用途外は予防に使用しないようにと、本社から通達が出ていますが、すでに状況は遅しとそういう状態です。

そうなってくると困るのが得意先への対応。

大手になればなるほど自分の会社だけで世界が完結してしまって周りが見えなくなります。
で、困ったのが財閥の流れを汲む某大手から、

「大手様(もちろんそんな言い方は現実にしませんが)が取引してやっているのに、マスクが品切れとはどういうことだ。
実は隠し在庫があって、うちのライバル大手にはこっそり販売しているのだろう。
すぐ調達しろ!」

みたいな電話がかかってくるようになったことです。

ほんとにマスクは品切れでないんだよ!

うちのマスク部門の担当はうつ病とかノイローゼ寸前だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同僚の結婚式に参加

同僚の結婚式に行ってきました。

会社で待ち合わせていくことになり、少々面倒だけどしょうがありません。

悩んでいた靴は、結局前日、近所にショッピングモールが開店したので、会社帰りに立ち寄り、開店セールで安くなっていたサンダルを購入しました。
サンダルも本当はフォーマルではあまりよくないようなのですが、まあ、ドレスに合うヒールの高いサンダルなので……

100人以上が呼ばれた最近では珍しい豪華な式でした。

お色直しも2回ありました。

最近は、子供も結婚式につれてくるだけでなく参加させる用で、子供が新郎新婦に花を渡すプログラムもありました。

逆に、近所のオッサンとか、仲人どかの挨拶はなし。仲人自体いませんしね。

あまり結婚式自体出たことがないので、昔の結婚式に違いに感心するばかりでした。

ただ、ドレスはけっこう薄着なので、ちょっと冷えました。
肩の開くタイプなのでキャミソールが着れないので……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師第8話感想。

バリーとスライサーの出てきた回です。
バリーも旧アニメではけっこう扱いの違ったキャラでしたね。

ラストとエンヴィーが初めてエド達の前に姿を現したり、アルやバリー達の人間の定義の難しさが提示されたり色々今回の情報は盛りだくさんです。

そのためか、所々のギャグが逆にテンポを悪くしているようで、ちょっとうっとうしかったです。

そして、この作品、夕方放送ですが、流血に変な規制がかかってなくて、ちゃんと怪我したら血が流れるし、血の色は赤いんですよね。
最近、どう考えても怪我しているのに血が流れないとか、血の色が黒とか蛍光色とかになっているという不自然な規制が気になっていましたので……
子供への影響といっても、絶対規制をかけるほうが間違った智識を与えているような気がします。もちろん、必要以上に残酷な表現は避けるべきですが。

次は、ウインリィ再登場に、ヒューズ一家のエピソードですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

東のエデン第7話感想

ジョニー狩りは正式には事件になっていない為、都市伝説になっているようです。
被害者推定2万人って……ニート失踪者と混合されているようですが……

大杉らしき人物がジョニー狩りに捕まって軟禁されている部屋から、恋愛サイトの掲示板に救済を求めるメッセージを送信し続けていました。

UPされている写真の一枚に特徴的なピアノが写っていまして、東のエデンの検索システムを使うとメーカーなどが判明。
すごく便利です。現実にも欲しいですね、東のエデン。発展型の検索エンジンなのが素敵です。まあ、現実に運用するとしたら、誹謗、中傷に対する制限とかで大変だと思いますが……

「きょうはんしゃはじょいす」という書き込みから、セレソンが絡んでいると察した滝沢は直ちに、携帯の電子マネー利用記録を使って、軟禁されているホテルを特定。

バイクでそこに向かいますが、その際、ジョニー狩りにJIUZを使って妨害したため、逆に相手に、こちらも妨害、こちらが白バイをけしかけたのに対して、滝沢の前を走っていたタンカーを横転させ事故を起こさせるという乱暴な方法で妨害をされました。

巻き込まれたものの、どうにか助かった滝沢は、横転したタンカーからドライバーを助け出すと、バイクを起こして再びホテルへ向かいます。

この際に、ホテルを買収して相手を牽制したものの、相手もホテルを買収。最初の買収とその後の買収の差額の2億はどこに行ったのでしょうね?

とうとう部屋の前で、ジョニーを切り取ろうとするジョニー狩りこと黒羽ですが、そこに滝沢が間一髪で登場。

滝沢とのやり取りの仲で、彼女はセレソンになる前からジョニー狩りをやっていたし、JUIZにはその手伝いをさせているだけ。これからもづ続けていく。自分はゲームを上がろうとは思っていないといいます。

セレソンは、何らかの信念を持っている人間が選ばれるのでしょうか?

滝沢の問いには肯定も否定もしませんでしたが、彼女は昔ジョニーを憎む様原因になったこと……性的暴行を受けたのかもしれません。

杉山を救う為、黒羽を愛そうとする滝沢にとうとう大人の展開かと思っていたら……さっきの事故でその前にダウン。
事故の前から、咲と携帯で喋っていたそのままだったので、会話は咲に聞こえていたようです。

滝沢に遅れて咲がホテル着いたら、そこにいたのは、マスクをかぶせられ……前回からですが……床に転がる男と、ベッド包帯を巻かれて寝かされている滝沢、しかもその隣に下着姿の美女がいたらビックリしますよね。

滝沢を大切にしなさいと咲に言って、黒羽はマスクを男を小脇に抱えると、背中に黒鳥のごとく黒い羽を生やして浮き上がりました。

杉山を心配する咲ですが、黒羽がマスクを取ると出た来たのは中年の男。強姦で指名手配されている男だそうです。

そのまま、ホテルのガラスが割れて、黒羽は羽ばたいて去っていきました。

とうとうSFの領域に本格的に突入かと思っていたら……携帯の履歴にイリュージョンの文字が……手品だったそうです。

最初は男を食い物にしている悪女のようなイメージだった黒羽ですが、彼女の狩るジョニーは女性の敵限定のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスクをつければ感染しないという訳ではありません。

マスクの原価が判る仕事なので、オークションや通販サイトのぼったくり価格にあきれ返る始末です。

マスゴミが防塵マスクが有効とか、真実性の乏しいネタを飛ばすせいで、工業用や食品加工用の普通の業務に必要なマスクまで品切れしてしまい困っている状況です。

適正なマスクが予防に有効なのは確かですが、N95規格と同じ素材のマスクをしていても、隙間があればそこからウイルスは進入します。

マスクで防いでいても、外の菌に汚染された手で口元を触ってしまっては意味がありません。

感染者がいるとわかっている場所に行くのならともかく、普通の生活でマスクをつけるのは今の状況からすればはっきり言ってやりすぎです。

現在一番有効なのは、外出は出来る限り避ける。
うがい手洗いをして、金を口に入れないようにするという普通のインフルエンザと同じ対処法が一番有効です。

ぼったくり価格のマスクをわざわざ高い金を出して買う必要はないと思います。
それに、オークションで不要に値を上げるのも、海外のマスク業者を下手に刺激して、マスク全体の価格が上がる原因に成りかねません。

業務に支障が出て困っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ですから、マスクはありません。

新型インフルエンザ騒ぎで、インフルエンザ用以外のマスクも品薄になっています。

企業によっては、とにかくマスクというところもありまして……けど、普通のマスクじゃウイルスを防ぐことは出来ないんですね。

咳やつばを飛ばさないという意味はあるかもしれないんですけど……

現状、新型は弱毒性で、医療施設の整った日本だったら、適切は治療を受ければまず直るようです。

とにかく、不要な外出を出来るだけ避けるしかないです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

マスクは今品切れです!

勤め先が、インフルエンザ関連のマスクを扱っているのですが、兵庫大阪で新型が流行し始めて、電話が鳴りっ放しの状態が続いています。

昼間は事務所に自分一人出し、仕事は電話番以外にも色々あるのに、電話の対応に追われて、通常業務が出来ない状況です。

棚卸しが控えているのに不安です。

というか、今更遅いです。

冬から警告出ていたじゃないか……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師第7話感想

ホークアイは大人の女性でかっこいいといつも思いますが、連載当初は私よりおそらく年上だったであろうホークアイも、連載が進むうちに私は現実世界で歳を取っていったので、今の私より年下なんですよね。今の私はマスタングと……○歳違いで、ホークアイはマスタングより年下のはずですから……

少年ガンガン6月号は読んで燃えました。萌えなじゃない、燃えです。
私の場合は、創刊ちょっとあとぐらいからガンガンを愛読していたので、ハガレンもガンガンで連載開始時から読んでいました。

『賢者の石』というのは、錬金術でもっとも有名なアイテムの一つで、魔法や錬金術を取り扱った作品では一度は出てくるアイテムです。ハリポタやスレイヤーズでも出てきましたし……

ハガレンでもそれは同じなのですが、この作品ではその作成方法が生きた人間という残酷なものです。

これが提示されたのも、こうしてアニメでストーリーを見直してみるとすごい初期ですよね。
最重要アイテムの正体を初めのころに明かすというのは、その後のストーリーの骨組みが決まっていないと出来ないことですよね。
下手すると、それで話が狭くなってしまう可能性もありますし……改めて、ストーリーの奥深さを実感する回でした。

マルコーに関しては、殆ど提示されていませんでしたが……まあ、酷い目にあったのでしょうね。

今回も、オリジナルシーンを取り入れつつも、割と原作に忠実。

まあ、相変わらず無駄にキラキラしているアームストロングは素敵だし、とうとうバリーが出てきたしと、まあ、特に文句はない内容でしたね。

そして、ヒューズも再登場しましたが……ヒューズの命がカウントダウンされている気がします……

| | コメント (0) | トラックバック (1)

結婚式出席の準備を済ませねば……

来週は同僚の結婚式、来月は友人の結婚式です。

ドレスは購入しました。

バッグは妹から借りました。
皮は良くないようですが、借りたのは皮か人口皮と言っても爬虫類系ではないし、パーティバッグなことは違いないので、大丈夫だと……思うのですがね。

で、迷っているのが、靴とアクセサリー……

春先に2足お買い得セールで、鈍い金色のサンダルを購入しているのですが、これがローヒールなんですよね。ペタンコではないのですが、3㎝までの高さはない。
ローヒールはマナー違反。サンダルもあまり履かない方がいいようなので、ここはパーティ用にハイヒールとまでは行かなくても、それなりに高いパンプスを買うべきだろうか……ちなみに素材もサテンかエナメルで、やはり皮はあまりよくないようですので。

アクセサリーは、同僚のほうは夕方からなんで、光物……サファイアのベビーリングとダイヤのついたネックレスを持っているのでそれにするとして、友人のほうは昼間なので、やはりパール系……もちろん本真珠は無理なので、アクセサリー雑貨店で、淡水パールとかそれっぽいのを購入することになると思います。

今まで、親戚の結婚式ぐらいしか出てこなかったので、ろくな装備を持っていない。

ここに来て、そのツケがまわってきました。

もうそろそろ、きちんとした喪服を用意したほうがいいですしね………結婚式のドレスを喪服兼用のものにしなかったのは、賢明な判断だと思いたいです。

いや、やめよう。どっちにしろ中途半端だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東のエデン第6話感想

犬を飼っている人に悪い人はいない……そうでもないのですが、そう願いたいこともあります。

タイトルにもなっている『東のエデン』
公式サイトなどでは、咲達の起こしたコミュニティサイトであることが提示されていましたが、ストーリーの中でも本格的にそのサイトや運営メンバーの話が出てきました。

一度は起業寸前までいったそうですが、こういったサイトでよくある事件……どうも特定の人物のことで炎上が起こったようで、断念することになったようです。

現在はニートだけど人に役立てるニートであろうと努力する平澤と、理不尽なゲームに参加させられている滝沢の利害は一応一致……ということで、滝沢は東のエデンに資金提供を行うことにしました。

滝沢は、若者の上に胡坐をかいている大人達……このゲームを思いついたミスターアンダーグラウンドや、気に食わない女の子に平気で牛丼をかけるような人達に一矢報いようと考えているようです。

一方、大杉は、例の女社長に捕まって閉まったようです。
死体の始末をJUIZに依頼している為、犯人と特定されることはないようなのですが、ジョニーを切り取る殺人魔として、世間では『ジョニー狩り』と呼ばれているようです。

ジョニー今回連呼されていましたね。
まあ、元々大人向けアニメと最初から提唱している枠ですから、問題ないとは思いますが……

何にもしないニートは大嫌いですが、何かをなそうと努力をしている人はニートでも好きですよ。

仲間を得た滝沢はどうなるのでしょうか?
その前に、大杉のジョニーはどうなるのか……次回に気になる終わり方です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鋼の錬金術師第6話感想

文芸情報誌の「ダ・ヴィンチ」をたまに購入しているのですが、6月号にハガレン特集と東のエデン小説版の連載があります。

その中の記事に「ハガレンには萌えヒロインがいない」ような趣旨の記事がありました。
ヒロインならピノコが……というわけではなく、ウィンリイにしろ、ホークアイにしろ、まったく媚びたところのないヒロインですから……まあ、萌えヒロインの出る余地のない作品ですよね。

そこが、魅力だと思うのですが……

今回も前半がマルコーの話、後半がリゼンブールの話と駆け足展開でした。
オリジナルシーンもないこともないのですが、展開的には原作と忠実。
けど、アルの鎧になってから初めて子ども扱いされたのシーンが削られていて残念です。
そして、ウィンリイの出番は後半のみ……確かにヒロインの出番は少ない。

今回も、無駄にアームストロングがきらきらしていて素敵でした。

そうなると、ヒューズの命も後数話……コミックを読み返すとヒューズが殺されるのはけっこう初期なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「さくらんぼ狩り」に出かける計画

前の会社の友人と月一度の割合で食事をしたり、日帰り旅行に行ったりしています。
ちなみに前の会社はすでに全員退職……待遇は良くなかったので、当然の結果ですが……

季節が良くなったので、さくらんぼ狩りに行く計画を立てています。

さくらんぼといえば山形ですが、茨城からはちょっと遠いので果物の県山梨に行こうと考えています。

まあ、行く日程は1ヶ月以上先の予定なのですが……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東のエデン第5話感想

新たなセレソンが登場。
エリートっぽい男と、殺人癖のある危ない女社長らしいです。
まだ、滝沢との絡みはないようですが。

自分にかけられた「100億円で日本を救わないと消滅させられる」という、理不尽極まりない運命に憤りを感じる滝沢です。
JIUZは100億円の範囲なら出来なくないことはないらしく滝沢の「総理をぎゃふんと言わせたい」という愚痴を受理して国会中継中の総理に「ぎゃふん」と言わせました……滝沢はそういう意味で言わせたかったわけではないと思いますが……。

そして、国会の中の発言によると、うかつな月曜日のミサイルはどうも、セレソンが落としたらいいです。

そして、失踪していたはずのニートの一人が登場。
滝沢は、ニート達をドバイ……オイルマネーで潤っている国ですね……に、連れて行って置き去りにしてしまったらしいです。
その男は、そのお陰で社会復帰も出来たし、嫁さんも見つかったということで、それほど滝沢を恨んではいないようでした。

一方、内定者面談に挑んだ咲ですが、待たされたり、変な質問を受けたり……果てには、食堂で待たされた挙句牛丼をひざにぶちまけられるという仕打ちを受けます。
要するに、内定は取消。

牛丼をかけたのは、空気が読めなかった咲に対する最終通告だったようです。

最初の面談に間に合わなかった時点で内定取消はこの買い手市場では仕方ないとして、けっこう目上目線の人間のやることって、大人げなかったりします。
流石に食べ物をかけられることまではされなくても、就活……そして、社会人になってからも、同じような理不尽な体験をした人は少なくないのではないでしょうか。

その咲の前に現れた白馬に乗った王子さまもとい、バイクに乗った滝沢と共に、咲は会社を後にします。

会社で受けた仕打ちと義兄への恋心に悩む咲の姿に、滝沢は自分が何をするのか決めたようです。

滝沢や咲が社会に感じるやるせない憤りは、アラサーと呼ばれる年頃になってしまった私ですが……私が社会に感じる理不尽な気持ちと通じるものがあって、とても共感できます。

さて、一方咲にふられる形になってしまった大杉は、咲と来るはずだった高級レストランで自棄酒をして酔いつぶれたところで、例の女社長と遭遇……してしまうのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパコミ行ってきました!

今回は一般参加、5/4の2日目、漫画・小説・服飾の日です。というか、半分はジャンプの日でした。ガンガンも実質、ハガレン・黒執事になっていましたし……

目当ては、スレイヤーズ本です。
スレイヤーズはコミケではアニメに分類されていますけど、コミックシティでは本来のジャンルである小説に配置されているんですよね。

目当ての本は購入できまして、服飾サークルで、京極本使用のブックカバーも手に入れました。最近購入した新書の「前巷説百物語」にあうブックカバーがなかったですし……

アニメイトは前の日行きましたし、サンダルのかかと部分が固いせいか水ぶくれが出来てしまいましたし……あとで、かかと用のクッションつけよう。

ルーブル展はありえないくらい混んでいましたので、スパコミの後は、ドトールで休憩したくらいで帰りました。

メインジャンルのオフィシャルサイトの動きのなさに、本気でジャンル替えを考えています。
メインを帰るだけで、そのジャンルをやめる気はないのですが……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手塚治虫手展に行ってきました!

漫画の神様……ということで、江戸東京博物館の手塚治虫展に行ってきました。

相撲の街、両国にあります。

当日は開館してすぐぐらいに行ったので、混んではいましたが入場規制まではかかりませんでしたし、比較的スムーズに見ることが出来ました。

漫画の生原稿はもちろんのこと、小学生のころにノートに書いた漫画や、病床で描いていた原稿まで展示していました。
虫プロの資料や、本人使用の机まで飾ってあります。

関連資料として、「どろろ」等の映画のポスターや、これから公開予定のCGアニメのアトムの1シーンも航海されていました。

ただ、けっこう細かくてよく見えない部分もありましたし、もっと見たいものもありましたので、図版買いました。

美術館のカタログ関係は発行部数が少ない分どうしても割高なんですけどね……学生のころは行った記念のように買いまくっていたので、そのころよりよりはましな買い方になりましたが……

グッズは単行本はもちろんのこと、キーホルダーといったお土産の定番やぬいぐるみ……ブラックジャック名言集のトイレットペーパーなんかもありました……使いづらいし……

結局、記念メダルとビンズを買いました。

夕方、上野の西洋美術館のルーブル展も見に行こうかと思いましたが、上野動物園が無料開放日だった影響でしょうか? チケットを持っている人の入場時間が60分とかありえない状況になっていました。

そんな状況ですと、入場したところで、芋洗いの状態を歩くしかないので、後日にすることにしました。

ジブリ美術館と同じように、ローソンで時間指定の入場券が取れるらしいので、見に行くのなら、ただの当日券ではなくそれを用意しようかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚式に参加する為の服を買ってきました

友人と同僚の結婚式が立て続けにありまして、服が必要なので買いに行きました。
大学の行くときに途中下車していた地方都市なのですが、車で通常1時間のところが連休の為か1.5倍かかりました。

途中、美術館やアニ○イトにも寄り、いざ目的地のデパートに……最初は、喪服にも兼用できる服をと思っていたのでうすが、
所詮喪服は喪服!

結局、普通のパーティドレスしました。

ボレロも入れて○万円……高いけど、仕方ないです。
ある程度の年齢なので、安いドレスにもするわけにもいきませんし……安いものって、値段以上に安っぽく見えますし……

バッグは妹に借りることにします。

そして、帰り。

高速は混むからと国道を使ったのですが、混む地点はいつもと同じでした。

その区間だけでも高速を使うべきでした。

そして、今日は……スパコミと手塚治虫展を見に行く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師第5話感想

アームストロング少佐が無駄にきらきらしていて素敵でした。
そして、筋肉祭り……アームストロングは無駄に暑苦しくそしてきらびやかでいてこそです。
そして、マスタングはやはり無能。ホークアイは未だに声に違和感を感じます……旧シリーズの根谷さんが個人的にはイメージ通りだったからだと思うのですが……

前作ではちょっと出てきただけのスカー(傷の男)が本格的に出てきた回です。
原作よりちょっと老け気味なキャラデザなせいか、リアルでチンピラっぽいです。

原作では憲兵がスカーに殺されたりと戦闘で死者が出ていたのですが、今回は死者はでず、逆に兄弟とスカーの対決シーンが増えていました。

ただ、エドはちょっと勢いがなかったですね。

そして、これは原作が終盤に差し掛かっているからこその構成なのですが、イシュバールと国家錬金術師の因縁が判りやすく伏線になっていました。

次は2話の過去編にはちょっとだけ出ていたヒロインのピノコ……ではなく、ウィンリィが本格的に登場ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東のエデン第4話感想

新型インフルエンザついに日本に上陸したようです。

幸いと言えるかどうかは判りませんが、発生した新型インフルエンザは鳥インフルエンザから来ると予想されていた強毒型ではなく、弱毒型。

かかってもすぐに適切な治療を受ければ直ります。

そうはいっても、まだワクチンはないので、うがい手洗いの徹底と、出来るだけ人ごみには行かないようにするしかないのですがね。

現実の世界……家に咲は帰ってしまったので今回はあまり出番はなし。

一方滝沢は携帯の他のセレソンの履歴から一人の居場所を特定し、会いに行くことにします。

途中でリアルなコダマ(もののけ姫)見たいのが出てきたのですがなんなのだろう?

そこで探し当てたのが病院の院長の火野。
サポーターに消されるのを警戒していた火野に睡眠薬を飲まされてしまいますが、彼は敵意があったわけではなく、彼自身が体験したことを再現することによって、滝沢にセレソンに選ばれたときのいきさつを教えます。

セレソンはゲームから降りたときだけではなく、セレソンの一人が日本を救うというゴールにたどり着いたときも勝者以外はけされるという、理不尽極まりないルールを押し付けられているそうです。

そして、火野の選んだ道は、全てを救うのではなく目の前の人を救う。病院やその周りを高齢者が自立して生活していける環境を、病院や施設を作るだけでなく、議会に賄賂まで送り法律まで変えて作り上げたそうです。

そして、火野は滝沢に「記憶を失ってまでやりたいことがあったのだから、記憶を捕り物だないほうがいい」と言うことを伝えます。

そして、100億円を使い切った火野はサポーターによって消されてしまったようです。

少しずつ、謎が見えてきた回でした。

救世主というからには、今までの聖人に習って最期は死ぬしかないのでしょうか?

いや、そういう話ではないとは思うのですが……

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »