« 山梨にさくらんぼ狩りと桃狩りに行きました! | トップページ | コネタマに参加してみる「女の人の車内メイクってどう思う?」 »

鋼の錬金術師第13話感想

やっとヨキが登場しました。
東方司令部の書類や、駅のポスターでヨキの足跡が所々語られては今したが、本人が出てくるのは新シリーズでは初めてだと思います。
しかし、肝心のヨキ失脚のエピソードがアニメでは描かれていないので、TVシリーズしか見ていない人には、なぜヨキがエルリック兄弟を恨んでいるのかわからないですね。
旧アニメでは描かれていましたけど……ちなみに今回は、ゲストキャラだと思っていたら、ラスボスに化けた……ということはないとは思いますが……

グリードが登場しました。
強欲の名の通りの人物なのですが、仲間を大切にするので、人造人間の中で一番人間くさい奴です。
このエピソード中、原作ではエドが国家錬金術の査定のため南方司令部に出かけるのですが、尺の都合かやはりカットされていました。このまま、アームストロングとシズの出会いもカットされてしまうのでしょうか……

そんなわけで、まずアルがさらわれて、エドが助けに行ったところ返り討ちにあって、二人とも帰ってこないので、イズミが助けに行くという構造になったのですが、段取り悪いですね。

「主婦だ!」のインパクトも、原作にはかなわなかったです。

|

« 山梨にさくらんぼ狩りと桃狩りに行きました! | トップページ | コネタマに参加してみる「女の人の車内メイクってどう思う?」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/45489419

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師第13話感想:

« 山梨にさくらんぼ狩りと桃狩りに行きました! | トップページ | コネタマに参加してみる「女の人の車内メイクってどう思う?」 »