« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

コネタマに参加してみる「【落書き】Zくんに好きな黒目を描いてください」

Neta_013_cocolog_oekaki_2009_08_31_

コネタマ参加中: 【落書き】Zくんに好きな黒目を描いてください

矢印ではなく、一昔前の漫画のびっくりしたときの目の表現

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師第20話感想

観想が大幅に遅れています。

ついにオトンが登場しました。
エドとアルの父親、ヴァン・ホーエンハイムです。
原作で後から出てきますが、彼とトリシャは事実婚なのでエドとアルは母親の姓のエルリックを名乗っているそうです。
……というか、ホーエンハイム戸籍とか住民登録とかないでしょうから。

旧アニメは、今シリーズの1クール目の部分以降はオリジナル展開になってしまったため、ホーエンハイムの立場とか、人体練成の秘密とか、ホムンクルスの設定等はアニメオリジナルなんですが、今回は原作基準なので、ホーエンハイムの設定は、旧アニメと大きく変わっています。
名前も旧アニメでは「ホーエンハイム・エルリック」とホーエンハイムが名前だったんですよね。

とはいえ、この段階ではホーエンハイムの正体はまだ明らかにはなっていません。

ただ、写真の20代位のピノコと一緒に写っているホーエンハイムは今のまったく同じ姿。
普通の人間ではないという事です。

予断ですが、このヤングピノコは、ウィンリイが大人になったような姿なんですよね。将来、ウィンリィもああなるということか……

後半の見せ場は、エドのアルの行った人体練成の本当の姿が明らかになるところです。

死者を練成することは出来ないというルールは残酷でもありますが、死者を二度死なせてはいなかったという救いでもあります。

こうしてみると、人体練成の正体自体もけっこう早くに出ていますね。

今回出番のなかったマスタング組は入院中でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

○○は死んでもレベルです……

本日通勤途中に、携帯電話を弄りながら運転のドライバーの後続になってしまいました。

全体的に操作が鈍い・周りのスピードとあっていない・ラインのどちらかに車体がよっているというのが彼らの共通する特徴なのですが、さらに特筆すべきはその車はバンパーなどに傷があって、しかもフロントガラスにひびが入っているのです。

状況からしてドライバー注意力不足から車に傷が付いたと考えるのが妥当で、運転中の携帯電話の使用は法律違反という以前に、このドライバーが携帯電話を弄りながら運転する技術がないということを車が証明してしまっているわけです。

というか、「なぜそこまでして携帯電話を弄る必要がある!」とこちらとしてはそこを突っ込みたいくらいですが。

おそらく、こういった人物は事故で大怪我をするとか、死ぬとかしない限り携帯電話の使用をやめないでしょう。

こっちから言える事は、「事故を起こすときに周りを巻き込むなよ」とそれしかないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サークルカットをUPしました!

仕上がらない原因は編集する画質を間違えていました。

そういうわけで、ついにUP。

けっこうぎりぎりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サークルカットが仕上がらない

冬コミの決算は期間内に済ませたものの、サークルカットがまだ出来ていない。

いざとなったら以前のカットの流用か、文字だけでも…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

コネタマに参加してみる「思わず冷や汗をかいた経験を教えて!【ココログ選手権】」

コネタマ参加中: 思わず冷や汗をかいた経験を教えて!【ココログ選手権】

不名誉な話なのですが、仕事での出来事です。

受発注の仕事をしているのですが、発注単位を間違えて、発注数に価格を入力してしまったことがあります。

次の日、山積の商品が事務所に送られてきたときには肝が冷えました。

幸い、返品の出来る商品だったのですぐ送り返したのですが……仕事で一番痛い失敗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コネタマに参加してみる「 ちょっと高かったけど、買って良かったモノは?」

コネタマ参加中: ちょっと高かったけど、買って良かったモノは?

というわけで、コマネタに参加してみる。

欲しい物をなるたけセール価格で手に入れることしかしていないので、「よかった。こんなに安く手に入れられた!」という経験ばっかりなのですが、ここ何年かの定価の買い物と言えば、バッグです。

エ○メスのバーキンなどは流石に手が届きませんが、長く使える誰もが知っているブランドのバッグが一つは欲しいと思ってコーチの正規ショップでバッグを購入しました。

ブランド品というだけあって、縫製の良さには関心。
ストラップの長さが替えられるので重宝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運転できているとはいえないし……

通勤中に、携帯電話を掛けながら運転しているど下手ドライバーの後続になってしまいすごくイライラしました。

運転していると言えるレベルではないし。

おそらく、運転しながら話さなくてはならない内容ではないですよ。
大事な用件なら、どっかに停車して話せよ。それがルールだ!

こういった車は、パトカーに捕まって罰金取られるなり、点数引かれるなリすればいいと思います。

本当に……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何にも見えてない人の戯言でした

お盆で親戚の家に行った時、伯父から派遣切りや非正規雇用など若者の雇用問題を扱った新聞のコラムを見せられまして、若い人の意見を聞きたいので私はこの問題をどう思っているかと尋ねられました。

ちなみに伯父の意見は「最近の若者はだらしない」だそうです。

明確な意見は言わず、「正社員で働きたくても正社員の求人がないため、機会が与えられない人が多い」とだけ言っておきました。

親のコネで公務員になって、管理職の煩わしさから逃げて早期退職して親の遺産で食っている人には言われたくないとは言いませんでした。

「あんたには言われたくない」が正直な意見ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜオタクは「児童ポルノ法」に反対なのか!

児童ポルノ法改正の話が国会では流れたようですが、おそらくオタク(今回はアニメ等サブカルチャー愛好家と定義させてもらいます)と、人権擁護団体以外には対岸の火事状態ではないかと思います。

児童ポルノというとキディポルノ(=少年少女のポルノ作品)というイメージで、子供を対象としたポルノ写真を持っている人は気持ち悪いし、犯罪なんて起こったらかなわないから、規制するのは当然だと思っている人が大半ではないかと思います。

しかし、この法律で規制されている児童とは18歳未満のことです。

この「児童ポルノ」の定義を下手に広く解釈した状態で法律が改正されてしまうと、一般的に考えてこれがポルノ作品かと万人が首を傾げてしまうものまで、規制の対象になってしまう可能性があります。

たとえば、『18歳未満のアイドルの水着写真』なんかが規制対象になる可能性があります。

アイドルの水着写真なんて、小中学生が購読する週刊誌にも乗っています。
かわいい女の子の水着姿が見たいというのは、世の中の男性の健全な反応です。

下手すると、18歳未満が性的な意味合いを匂わせる場面はすべてNGということにもなりかねなく……ドラえもんのしずかちゃんのシャワーシーンは未成年の裸だから削除なんてことになりかねないわけですよ。

実際、児童ポルノ法制定時には、芸術的表現として18歳未満の裸を扱った写真集や、ストーリー上の表現として18歳未満の裸が描かれている漫画等がどう考えてもポルノじゃないだろうというものでさえ、回収や出版停止等にされたそうです。

源氏物語が当時の基準では成人しているにもかかわらず、18歳未満の性描写があるからなんて規制対象になったら笑えないなんて考えていますが、ちょっと間違えば起こりかねない状況です。

表現の自由の侵害だとか、被害者のいない架空の人物のポルノ作品の規制はおかしいとか……難しいことは覚えていなくてもいいです。

ただ、無関心でいるうちに、人権擁護団体に媚びへつらった状態の法律改正案が通過してしまうと、自分の好きな漫画やアニメが児童ポルノの対象として楽しむことが出来なくなってしまう会う可能性があることは覚えておいたほうがいいです。

実際に後期高齢者医療とか、法律が執行されてから大騒ぎになっているじゃないですか。

無関心だけはやめたほうがいいですよ。ほんと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュールの修理が出来ない……

パンプスだろうがミュールだろうがピンヒールだろうが、靴は履いているときに走れるくらい安定がいいものを買うようにしています。
自分と相性のいい靴なら、ピンヒールだろうと走れますので……

それはともかく、3年位前に購入したミュールのストラップ部分の内側の皮が外れてしまいまして、内側のゴム素材の芯が見える状態になってしまいました。
靴の土台部分はまだ無事なので、どこかで修理できないかと靴修理の店を回ってみたのですが、靴底の交換やソールの交換は出来ても、ここ部分は修理できないそうです。

仕方がないので、自分で服の補修布を貼ってみようと思いますが、あまりうまくはいかないでしょう……おそらく。

そのミュールの代わりにと、同じメーカーの突っかけのサンダルをセールで購入したのですが、愛着のある靴ですし、つかえる状態のうちは使って生きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏コミ(コミックマーケット76)14日に一般参加すたちゃのイベントも覗いてきました!

あまり並びたくなかったので、11時半くらいに会場に着くくらいにしたのですが(途中山手線で人身事故がありました。自殺か単なる事故かは判りませんが正直迷惑だと思ってしまいます)、並んで15分くらいで入場できました。
スタッフの方ご苦労様です。

チェックしいていたサークルで売切れてしまった本もあったのですが……機会があれば再販してくれるかも……大方購入できました。
目当ては、スレイヤーズ・戦闘妖精雪風シリーズ・図書館戦争と小説が主です(スレイヤーズはアニメで配置されていますが)。

ゲームとは今回日が分かれてしまっていたのですよね。目当てのサークルはあるのですが、2.3サークル目当てに次の日も行けないですし……通販で購入しようと思っています。

最近、企業ブースの気味具合にはうんざりしていたのですが、今回は企業ブースもすんなりいけまして、もともと並ばなければならない企業はあきらめていたので、これも目当てのものがすぐ購入できました。

ちょうど画伯こと小林ゆうさんの絶望先生イベントがすたちゃスペースで行われていたので、傍観……というか見えない場所だったので、声を聞いているだけだったのですが、一応見学。「絶望した!」で盛り上がる独特のイベントでした。
ちなみに、画伯のイラスト入りパンツというかトランクスは無事購入いたしました。

申込書は忘れずに購入してきましたので、休み中に申し込みを済ませたいと思います。ネットの申し込みもだいぶ慣れてきましたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「トリノ・エジプト展」を観て来ました!

上野に来たからついでにと「トリノ・エジプト展」を観にいきました。

展覧会と同じ名前のこのイタリアの博物館はエジプトを専門とした博物館としては世界有数だそうです。

「アメン神とツタンカーメン像」が目玉らしく、黄金のマスクみたいに派手な装飾品とかはあまりなかったのですが、展示方法や説明がわかりやすく、美術館にあまり行ってことがないという人でも楽しめる博物館だと思います。

けっこう見ごたえがあり面白かったです。

ちなみに、展示室内での飲食、カメラ撮影(携帯も含む)、ボールペンの使用、傘の持込(特に雨で使用したもの)、展示品やガラスケースに触るのは禁止されています。

理由は作品を傷つける恐れがあるため。

あと、大きい荷物は色々な意味で邪魔だから、ロッカーに預けましょう。入れたお金は荷物を取り出すときに帰ってきます。というか、預けるのが基準です。

それはともかく、限定で山岸涼子先生描き下ろしイラストの入場券が販売されていまして、通常より100円高いだけなのでそちらを購入しました。
100円余分に払ったいう感じではなく、むしろお得なくらいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏コミですれ違いまくりました。

ドラクエⅨを私が始めたのは先月末からなのですが、夏コミにDSを持っていきまして、すれちがい通信をしたところ、会場で30人以上とすれ違いました。
こまめに更新を掛けていたら、50人以上とすれ違えていたかもしれません。

ドラクエのサークルは2日目なのですが、オタクはゲーマー多いですから。

もしプレイ中の方がいらしたら、DSを持参することをオススメします。
早いときなら、すれちがい通信を始めた途端に3人とすれ違えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏コミ後の上野のドトールにて

夏コミ行って来ました!
売り切れで買い逃した本はあるけど大体買えましたし、すたちゃの画伯こと小林ゆうさんのイベントも見てきたというか、声は聞こえて来ました!
もちろん画伯のパンツは購入しました。
詳しくは家に帰ってから更新します。
ドラクエⅨのすれちがい通信は1日で30人行きました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏コミ行ってきます(一般だけど)

寝て起きたら、夏コミに行きます。

今回はサークル落ちたし、開始と同時に買わないと売り切れるような所には行かないので、上野で「トリノ・エジプト展」を見てから行こうと思っていますが……

ここ数年、オタクに対する情報が一般にも広がったせいか、さほど同人には興味がない人の参加も増えてきたようです。

夏コミは色々過酷なので、熱中症対策は万全にしていかないと大変です。
少なくとも、ペットボトルは必ず持参してください。自動販売機も混みますから。

行くのは14日なんですが、自分の欲しいジャンルが14日と15日に分散してしまいました……どうしても欲しいサークル分はコミケ終わった後通販で購入するつもりなんですが……15日出来れば来たいけど……無理っぽいです。

サークル参加の申し込みはする予定ですが、冬も自分の参加する日と欲しいジャンルが別になったら、ホテルとって2日出ようかと思います。
関東なので、当日始発の鈍行でもサークル受付時間に間に合うのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師19話感想

18話の感想がこんがらがっていました。

ボインネタは19話でしたね。

ともあれ、マスタングの最初の大きな見せ場の回だったのですが、翌日発売のア○メージュのヘタレ特集にマスタングが出ていました。

予告でネタバレしていた通りホークアイは無事でした。
部下の危険に思わず駆けつけてしまったマスタングは、確かに甘いといえば甘い。
けど、ここで簡単に部下を見捨てるような男なら、マスタングの部下達はきっと付いて来なかったでしょうね。

ボインねたは前回書いてしまったので割愛。

水を分解して水素と酸素にするというのは中学校の理科で習いますね。
水素も次世代エネルギーとして注目されているというのを以前読んだことがあるのですが、どうなっているのだろう。原料は水なのでそこらに沢山ありますよ。
原子力もクリーンエネルギーなどと言われていますが、廃棄物を半永久的に管理しなくてはならないものをクリーンといえるか疑問だったりします。

ともかく、倒せたと思ったラストからの反撃で、ハボックとマスタングはどうなるというところで前半終了。

後半、ラストからマスタングが死んだと聞かされたホークアイが取り乱し手しまうのが今までのホークアイの印象と違って連載で読んだときには以外でした。

ラストに鎧を裂かれながらも、ホークアイを守ろうとするアルも、ヒューズの死を乗り越えたようでこのシーンもかっこいいのですよね。

まあ、今回の最大の見せ場は、生死不明だったマスタングが傷を焼いて無理やり塞いで出てくるところなんですが……

ラストがマスタングに焼かれるシーンはアニメでみると原作以上の迫力で、小さい子が見るとちょっとトラウマになりそうなんですが、過剰な放送規制でごまかされるよりはよっぽどいいです。
誰かを倒す、殺すというのはこういうことなのですから。

一時退場状態のグリードと違ってラストは完全に倒されてしまったですが、けっこう早い段階ですよね。考えてみると……

本来は、マスタング達の口封じをしなければならないはずのブラッドレイは、結局傍観していただけで救急車を手配を部下に命じたわけで、彼にはまだ人間の心が残っているのではないかと思うのですが、どうでしょうか?

一方、リゼンブールに戻ってきたエドの前には、ホーエンハイム。とうとう、オトン登場。

彼こそ、旧シリーズと一番違った立ち位置になるはずですが……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師第18話感想

まだ、1週ずれています。
それはともかく、マスタング組大活躍の回です。

とりあえず見終わってすぐ思ったのが、予告にUPする映像間違っているよということです。あれじゃ、ネタバレになってしまっています。折角、ナレーションはネタバレしないようになっているのに。
折角なら、単行本の嘘予告をUPすればいいのにと思いました。

相変わらず無駄にキラキラしている(ほめています)アームストロングに拉致られたエドは、クルセウス遺跡でロス少尉に再会。というか……死んでいないよなと予測可能な状態だったのですけど。

さり気に出てくる遺跡が今後の重要な伏線のなので、一見よくわからないエドの拉致も全体の構成からするとすごく重要なエピソードなんですよね。

一方マスタング組にはアルも合流してバリー本体を追って研究所へ!
マスタングもホークアイも、旧シリーズより青臭い印象を受けるのは、旧シリーズと立場が微妙に違う為かそれとも自分自身が彼らと同じくらいの年齢になってしまった為か判らないのですが……

削られるかもしれないと思っていたボインは残っていました。
というか、この回割とコミカルでしたね。

ハボックはボイン派でマスタングは太もも派、ブラッドレイは尻派だそうで……このネタは、DVD特典には付いてくるのでしょうか?

ともあれ、まだこの回のマスタングはヘタレ気味、次が決戦になるわけですが……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テイルズ オブ ジ アビス 19話感想

オンエアから何ヶ月なっているのだという状態です。
感想が書けなかったのは、ゲーム自体がそこまで進んでいなかったからで……TVに向き合ってゲームできる時間が少なかった為でして、サブイベントばっかりやっていたからだとか、逆転検事をやっていたからだとか、ドラクエⅨをやっていたからとかではありません。

それはともかく、とうとうイオンが亡くなってしまう回なのですが、彼はもしかしたらこういった死に方を覚悟していたのかもしれません。しかし、ルーク達と旅をする前のイオンだったら何時死んでも構わないと思っていたかもしれませんが、今のイオンはそんな後ろ向きな感情ではなかったのではないかと思いますが……

相変わらず妄信的でそれゆえ傲慢なモースには腹が立つのですが、アニスの両親にも腹が立ちました。
彼等は善良ですが妄信的で無知です。
おそらく、彼等は今回の件があるまで、自分達が人質になっていてアニスを苦しめていたなんて知らなかったのでしょう。
彼等は信仰に判断をゆだねてしまって、自分達で考えることを放棄していました。
親である以上、子供が苦しむことがないように最低限の防衛はしなければいけなかったのに、呆れるほど無防備でした。
ただ、アニスと両親達はお互いに愛情で結ばれていて、それは救いでもあるのですけど、だからこそアニスは両親を切り捨てることが出来ずに、結果的にイオンを死に至らせてしまったわけなのですが……

アニスの玉の輿発言や、わざとらしいぶりっ子は、スパイである罪悪感からきていた空元気なのかもしれません。

ともあれ、13歳の女の子に重い枷をつけますね、この作品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テイルズ オブ ジ アビス 第18話感想

オンエアから大分経っています。
感想をUPしたつもりになっていました。

崩落編の区切りの回です。

ゲーム中では、ラストバトルかと思わせるようなイベントが盛り沢山の部分でした。
そういう演出だったと思いますが。

アニメでも、ナタリアがルークとアッシュの関係に自分なりに決着をつけたりと、流れ的にはゲームに忠実だったような。

そして、いざアブソープゲートに突入。

通路の崩落により仲間とはぐれたルークとティアは、二人でヴァンと対峙するのですが……なんでこの手の場面では、必ずといっていいほど敵がオルガンを弾いているのでしょうか?
ゲームと同じ演出なんですがね。

私が元ネタを知らないだけで、古い映画か何かにこのシーンがあるのでしょうか?

ここでも、ヴァンのルークに対する扱いは要らなくなった道具に対するものでしかありません。

だからこそ、「何かのため、誰かのため、そんな理由がなければ、お前は生きられないのか」というヴァンの言葉に偽りはないのでしょう。道具に対して優しくする必要はありませんから。
もっとも、ヴァンに妄信的に従うように育てたのはヴァン自身であって、お前が言うなという気もしますが。

ともあれ、ここでヴァンを倒して一時的な決着はつきました……が、終わりが確実に提示されていないゲームと違って、アニメは2クールなので、18話じゃ続きがあるなと判ってしまうのですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミックマーケット76のすたちゃブースで!

スレイヤーズの再アニメ化と、DVDレコーダーの購入により、大学を出てから年に数作品単位で見ていなかったアニメを見るようになりました。

最初は1クールアニメの増加や、ここ数年で出てきた声優さんを知らない状態で、アニメ浦島状態でしたが、最近やっと名前と役名が一致するようになって来ました。

それはともかく、スタチャのメルマガに載っていた情報では、夏コミで画伯の絵柄パンツが販売されるとか。

ぜひ欲しいというか、一般参加ですが夏コミには行きますので、ぜひゲットしようかと思います。
ここ数年の企業ブースは会場に入るまでが滅茶苦茶混んでいるので、一般参加で行くのはちょっと辛いんですがね。

先日、郵便局で落選で戻ってくるサークル参加費を手にとって、ちょっとブルーになりました。
冬は受かりたい……

スタチャのリンクはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コネタマに参加してみる「夏休みの宿題、先にやる派? 後にやる派?」

コネタマ参加中: 夏休みの宿題、先にやる派? 後にやる派?【ココログ選手権】

大学は前期・後期の2期制なので、夏休みの宿題と言っても、レポートが何件かあるくらいでしたね。
高校は夏休みの宿題は特になかったけど、夏休みの課題が、夏休み明けのテストの範囲なのである程度はやるしかない状態でした。

そういうわけで、純粋に夏休みの宿題となると、小中学校の宿題となるのですが、ドリル関係は8月の20日くらいに初めて、29日くらいに終わらせて31日には一応ゆっくりしていました。

貯金箱……今は小学生の宿題ではないそうですね……や絵は、母親が画家志望だったためか手を抜いた適当なものを作ることが出来ず、いつも母監修のもとそれなりの手間を掛けたものを製作するはめになりました。

母は監修はしますが手は出さないので、よく見かけるあからさまに大人が作ったような作品を提出したことは一度もありません。

ちなみに父は画家の息子のはずですが、一度描いてもらったことのある絵があまりにも下手で、子供ながらもショックを受けた覚えがあります。

ちなみに妹は、再三の母親の宿題をしろコールの中でも平気で昼寝するような子供で、小学校低学年のころから、8月31日はほぼ徹夜の状態で宿題をするような子でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師第17話感想

本放送が見られないのでいつも録画しているのですが、見るのが遅くなったので……

ガンガン掲載時に物議を醸し出したあたりです。

ヒューズ殺害犯は視聴者に対してすでに提示されいますので、ロス少尉の尋問は明らかにおなざりで、どこからかの指示で出来上がったシナリオで彼女を犯人に仕立て上げているということがバレバレです。

物議を醸したというのはもちろんマスタングの行動で、連載のときは数ヶ月単位の掲載になるので、「マスタングは本当にやってしまったのか、やっていないのか?」と推測しながら、次号の発売日を待ち続けたのですが……アニメでは駆け足展開のため、中盤のシーンのショックも収まらないうちに、「マスタングの行動はあからさまにおかしい」という具合になってしまいました。
例のシーンを最後に持ってきて、次は次週という展開にすれば、いい余韻になったと思うのですが……

これを書いている時点で次の回も放送されているので、はやく感想書かねば!

余談ですけど、魔法陣グルグルのスピンオフ「舞勇伝キタキタ」がオンラインで連載されているのですけど、ついに1巻が発売されたのですよ。
名前の通り、キタキタおやじのスピンオフです。
懐かしくて買いました。

で、思うのですが、スクエニは復刻版はまだ、パプワとロト紋くらいしか出していないので、昔の作品が手に入りにくいんですよね。
他社に行った分は結構復刊されているのですが……

もうそろそろ、文庫とか完全版とか考えてもいいころあいだと思うんですよね。
というか、まずハーメルの完全版出して欲しいです。
コミックスの1巻が黄色く変色してしまっているので……

| | コメント (0) | トラックバック (1)

悲しくてやりきれない

会社で末締めの仕事を終え、虫歯の服用薬の副作用で弱っているところに妹からメールが届きました。

小学生の馬鹿ガキが書いたようなくだらないメールです。
替え歌です。

中二病以下……というか、中学生の精神年齢までも達していない。

疲れた……というより、悲しくなりましたよ。

私と妹を知っている人には顔そっくりだよねとか言われる、間違いなく身内なんですよ。妹は橋下から拾ってきたとか、赤ん坊のときに取り替えられたとかじゃないんですよ。

妹や私の同級生には、幼稚園の子供がいる人だっていますよ。

何で、いい歳した妹から、こんなメールが送られて来るんだ。

妹である以上、今後死ぬまで関係は続くのですよ、きっと。

そんな、私と妹は共に20代後半。
世間で言うアラサーです……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »