« ミュールの修理が出来ない…… | トップページ | 何にも見えてない人の戯言でした »

なぜオタクは「児童ポルノ法」に反対なのか!

児童ポルノ法改正の話が国会では流れたようですが、おそらくオタク(今回はアニメ等サブカルチャー愛好家と定義させてもらいます)と、人権擁護団体以外には対岸の火事状態ではないかと思います。

児童ポルノというとキディポルノ(=少年少女のポルノ作品)というイメージで、子供を対象としたポルノ写真を持っている人は気持ち悪いし、犯罪なんて起こったらかなわないから、規制するのは当然だと思っている人が大半ではないかと思います。

しかし、この法律で規制されている児童とは18歳未満のことです。

この「児童ポルノ」の定義を下手に広く解釈した状態で法律が改正されてしまうと、一般的に考えてこれがポルノ作品かと万人が首を傾げてしまうものまで、規制の対象になってしまう可能性があります。

たとえば、『18歳未満のアイドルの水着写真』なんかが規制対象になる可能性があります。

アイドルの水着写真なんて、小中学生が購読する週刊誌にも乗っています。
かわいい女の子の水着姿が見たいというのは、世の中の男性の健全な反応です。

下手すると、18歳未満が性的な意味合いを匂わせる場面はすべてNGということにもなりかねなく……ドラえもんのしずかちゃんのシャワーシーンは未成年の裸だから削除なんてことになりかねないわけですよ。

実際、児童ポルノ法制定時には、芸術的表現として18歳未満の裸を扱った写真集や、ストーリー上の表現として18歳未満の裸が描かれている漫画等がどう考えてもポルノじゃないだろうというものでさえ、回収や出版停止等にされたそうです。

源氏物語が当時の基準では成人しているにもかかわらず、18歳未満の性描写があるからなんて規制対象になったら笑えないなんて考えていますが、ちょっと間違えば起こりかねない状況です。

表現の自由の侵害だとか、被害者のいない架空の人物のポルノ作品の規制はおかしいとか……難しいことは覚えていなくてもいいです。

ただ、無関心でいるうちに、人権擁護団体に媚びへつらった状態の法律改正案が通過してしまうと、自分の好きな漫画やアニメが児童ポルノの対象として楽しむことが出来なくなってしまう会う可能性があることは覚えておいたほうがいいです。

実際に後期高齢者医療とか、法律が執行されてから大騒ぎになっているじゃないですか。

無関心だけはやめたほうがいいですよ。ほんと。

|

« ミュールの修理が出来ない…… | トップページ | 何にも見えてない人の戯言でした »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/45630955

この記事へのトラックバック一覧です: なぜオタクは「児童ポルノ法」に反対なのか!:

« ミュールの修理が出来ない…… | トップページ | 何にも見えてない人の戯言でした »