« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

コミックマーケット78の申し込みしました!

次はコミケット水戸なのですが、その前にやらなければならないのが、次のコミケの申し込みというとで、いちおう申し込み済ませました……

ジャンルは「スレイヤーズ」なのですが、今回から「小説」にジャンルが変わったのですよね。

なんで、今まで「アニメ(その他)」だったのか、旧シリーズアニメ放送時はコミケに行っていなかったので理由はわかりませんが?

もうそろそろ、水戸の原稿に取り掛かり、地元の印刷会社の割引時に入稿するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師第31話感想

DVDの録画が溜まっています。
リアルタイムは4クール目です……

サブタイトル『520センズの約束』ということで、マスタングが大総統になったら伝記に載りそうなエピソードですね。

ホムンクルスを吊り上げるつもりが、軍部は真っ黒だし人質取られるしで散々な結果になったエルリック兄弟や、マスタング組や、ヤオ族の人々ですが、エルリック兄弟は、練丹術に可能性を見出してまだ旅を続けるし、散り散りになるマスタング組だって希望を失っていないし、フーやランファンだって、機会鎧の腕をつけてリンのために戻ってくると、誰一人あきらめていません。

フーがランファンをしかりながらも、孫娘の孫娘の腕がなくなっているのを見て、涙を流すとか、ノックス医師の分かれた家族がたずねてくるとか、ほろりとしたエピソードもありましたね。

スカーとマルコーに出し抜かれ、まんまとマルコーの脱出を見逃してしまったホムンクルス側は、キンブリーを出所させ追跡に向かわせるのですが、白スーツが変態ぽいですね。ほんと。
絶対に友達にはなりたくないですが、自分が少数派だとわかっている上で人生を謳歌している人物なので、キャラクターとしては面白いとは思っているのですが……

あまりににも感想遅れているので、さくさく行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウトレットに行ったのですが……

休日にわざわざいくにはちょっと面倒なんですが、平日だと会社から近いので楽だということで、「阿見プレミアムアウトレット」に平日の夜に行きました。

ちょうど今はセール中なのですよね。

で、行った見たのですが、閉店時間1時間を切っていたからか、寒かったからか、思っていた以上に空いていました。
セール中ということを疑うことくらい。
まあ、アウトレットといっても、ブランド品のアウトレットが集まっているから、セール品でも高いのですよね。

目的は、結婚式出席用の靴とバッグだったのですが、高すぎるか、デザインが悪いかでいいものがなく、結局、うちで使用するためのショートパンツと箸を購入しました。

いつものことなのですが、もともと何もないところにあるので、帰り道大通りに出るまでの道が延々と何もない暗い道なのですよ。

それもあるから、夜は人がいないのかもしれませんが……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログネタ参加してみる「ネット選挙、賛成?反対?」

賛成です。

もちろん、セキュリティの強化とか、クリアしなければならない課題は山ほどありますが……

理由としては、ネット投票だと、今まで無投票だった人々が投票してくる可能性があるからです。

無投票にもいろいろな理由があって、お年寄りとか体が不自由で投票所に行きたくても行けないとか、仕事があるので行けないとか、行きたくても行けない人もいるわけです。

ほかにも、投票所が遠いとか、わざわざ休日をつぶしたくないとか、選挙に消極的な人もいるわけですけど、そういった人も時間をさほどつぶすことのないネット投票なら投票する可能性もあるわけです。

選挙は国民の総意を問うものなので、投票しないのは悪いことだと非難するより積極的に投票してもらえるようなシステムを作ることは重要だと思います。

ブログネタ: ネット選挙、賛成?反対?参加数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マルドゥック・スクランブル」劇場アニメ化が発表されていました!

個人的に最近アニメで一番の話題がこれです。

(個人的な印象として)某黒歴史量産アニメ会社が一度意気揚々とOVA製作を発表していながら、いちどぽしゃったことがあるのですよね……割とこの手のことは、よくある話らしいですが……アニメの企画なんて10あるうちに、1通るかどうかくらいらしいので……

今回は沖方丁とは関係の深いスタチャだから大丈夫だとは思いますけど……

とにかく、監督とか、製作スタジオとか、キャストとかの情報が上がってくるのが楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログネタに参加してみる「映画館でエンドロールは最後まで観る?」

エンドロールが始まるやいなや席を立つ人ってけっこういますよね。

ちなみに私は最後まで観る派です。
理由としては、エンディング曲を聞いていたいというのもあるし、映画によってエンドロール後におまけのあるものがありますよね。
もし見逃したらと思うと、席を立つ気にはなりません。

ブログネタ: 映画館でエンドロールは最後まで観る?参加数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春は『コみケッと水戸』一本に絞ろうと思います。

コミックマーケット77でも、盛んに宣伝されていました『コみケッとスペシャル5in水戸』に参加予定です(書類不備がなければ当選とのことです)

うちのサークルは、冬コミ落ちてしまったのでサークルとしては不参加でした。
ところで、日程を考えると……考えるまでもなく、HARUやめたほうがいいですね。一般参加はともかく、サークル参加は無謀です。

スパコミでスレイヤーズのプチオンリーがあるのでそちらに参加しようと思っています。

そういうわけで、次は『コみケッとスペシャル5 in 水戸』の予定です。外れていなければ……

水戸といえば、徳川御三家水戸家の領地『水戸黄門』でおなじみの水戸光圀公で有名で、日本三大名園の一つ『偕楽園』がありますが……正直観光地としては、いまひとつ弱いですね。

関東に住んでいる人でも、行った事がある人より行った事がない人のほうが多いと思います。

ちなみに東京からの行き方とすれば、JR『常磐線』を使うか、高速バスを使うか、もしくは自家用車で行くかの3つぐらいに絞られると思います。
ちなみに、新幹線は通っていません。
あと、『つくばエキスプレス』では水戸には行けません。

一番早いのは常磐線の特急『スーパーひたち』か『フレッシュひたち』で、上野から水戸まで70分くらいで付きます。ただし、片道4,000円近く掛かるのが難点です。
鈍行でも行けなくはないですが、特急待ちが間に2回くらい入るので3時間近く掛かる上、結構落ち着かないのであまりオススメは出来ません。

水戸在住の友人達は、東京までの移動では高速バスを使うことが多いそうです。
時間は2時間くらいで、価格は片道2,000円くらいです。
本数が少ないし、予約が必要になりますが、電車のように逐一止まるわけではないし、水戸なら乗ったら終点まで寝ていられるということで、一番楽だそうです。

さて、水戸駅に着いたらまず北口に移動します。
北口は、駅ビルのあるほうの出口で、出口の前には『水戸黄門と助さん角さん』の像があります。北口の前には大きな道路がありますので、この道を北口から左方向に10分ほど歩きます。バスも出ていますが、コミケの会場移動に慣れている人なら歩ける距離です。歩きましょう。

歩いていると10階建てくらいのガラス張りのビルがあります。
これが、『水戸京成百貨店』で、このビルの向かい側にある『旧京成百貨店ビル』が今回のメイン会場です。
ナビや周辺地図の検索は『水戸京成百貨店』で検索するとわかりやすいです。

ちなみに、水戸駅ビル『EXCEL』や『水戸京成百貨店』には水戸のお菓子が販売されていますのでお土産を探すならこのあたりが妥当です。

サークル申し込みをする際に、交通機関は自動車を利用したいとアンケートに答えたのですが、実際自動車で行っていいのかまだ、サークルの参加案内が来ていないのでわからない状態です。
水戸市街は駐車場が多いので、大丈夫だとは思うのですが……

ちなみに、水戸市HP等に、もっと詳しい案内が乗っていると思うので、実際に参加を考えている方はそちらを参考にすることをお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼の錬金術師第30話感想

いい加減、感想たまりまくっています。

年上のお姉さんの家を訪問なんてドキドキイベント感は薄く、重い話です。

マスタングとホークアイの過去が明らかになった会です。
ちなみに、使用前と使用後……?と言う感じのホークアイの背中丸見えのCMカットが印象的です。

長い付き合いであることを連想させるやり取りがある二人ですが、元々錬金術の弟子と師匠の娘という関係だったことが明らかに!
父親がなくなったことで、すでに母はなく親戚付き合いもなかったホークアイは、天涯孤独になってしまったようですが……そのあと、イシュバールで再開するまでも気になりますね。

イシュバール戦に借り出されたマスタングやヒューズやその他大勢ですが、軍人である以上命令には従わなくてはならないが、同じ国の国民を殺さなくてはならないことに疑問を感じている人のほうが多いようです。アームストロングのように、戦線拒否はしてはいませんが。キンブリーのように嬉々として殺戮を行っているわけではないわけですよね。

その中で軍学生のホークアイに再開するマスタングですが……あんまりこういった状況では再開したくないな……

マスタングが錬金術師として軍人になったのも、ホークアイが父の秘伝の焔の錬金術をマスタングに託したのも、民衆の為だったはずなのに、実際は真逆の目的で使われてしまった。
だから、ホークアイは焔の錬金術を封印する為マスタングに背中を焼いてもらったのだし、マスタングはホークアイに背中を預けるという、一種の運命共同体なのですが……恋愛関係とは少し違うけど深い関係ですよね。

マスタングの大総統になると言う夢は単なる出世欲ではなく、イシュバールのような悲劇の起こらない国家にしたいという深い思いが明らかになるわけです。

重いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『東のエデンⅠ The King of Eden』感想(ネタバレあり)

『滝沢朗』は何者か?
今回は明らかにはなりませんでした。次の劇場版で明らかになるようです。

そもそも、『滝沢朗』という名前自体も、彼が記憶をなくした後、アパートにあった6冊のパスポートの中から、咲と一番親しくなれそうな生年月日だったものを選んだわけで、本名かどうかは明らかになっていません。

そういうわけで、やっとネタバレ感想です。

Nec_0644 Nec_0645 Nec_0646 Nec_0648 Nec_0649

続きを読む "『東のエデンⅠ The King of Eden』感想(ネタバレあり)"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »