« ブログネタに参加してみる『買ってやった!!自分のために使った最高金額は?』 | トップページ | 『コみケッとスペシャル5 in 水戸』の参加の件その1 »

鋼の錬金術師第32話感想

セリムは旧作と新作(原作)では設定が大きく違うキャラクターですよね。

この回では、そういったセリムの正体は明らかになっていません。

むしろこの回で特筆すべきはグラマンの見事な老婦人への化けっぷりだと思います。
変装してきたグラマンもそうですけど、助けてほしいと泣き付くためではなくグラマンをあおるために連絡を取ってきたマスタングも曲者です。
ウマが合えば心強い見方になってくれそうですが、会わないと厄介なことこの上ない上司では内科と思います。グラマン。

一方、エルリック兄弟は、再会したセリムの孝行息子具合に、ブラッドレイの正体を知っている今としては切なくなるのですが、後から見ると絶対黒いですこのあたりの会話……

練丹術に元の体に戻る手がかりを探そうとしていた兄弟は、グラマン→マスタング→アームストロングを経由して、メイが北にいったことを知って北に向かうことになりました。

これまた、旧作では出番のなかった(というか旧作の時点では原作にも未登場でしたし)アームストロング少将が登場。
濃い一家ですね。

|

« ブログネタに参加してみる『買ってやった!!自分のために使った最高金額は?』 | トップページ | 『コみケッとスペシャル5 in 水戸』の参加の件その1 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/47419954

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師第32話感想:

« ブログネタに参加してみる『買ってやった!!自分のために使った最高金額は?』 | トップページ | 『コみケッとスペシャル5 in 水戸』の参加の件その1 »