« 「水戸が萌(も)えた日」が放送されます! | トップページ | ブログネタに参加してみる「最近、増えすぎなんじゃないの?と思うものは」 »

『フランク・ブラングィン』展を観て来ました。

GW中に観にいったのですが、更新する時間が取れず今頃のUPです。

5/30まで開催されています。
なお、空調は低めに設定されていますので、外にいるときよりも何か一枚は羽織る状態での鑑賞をオススメします。

世界遺産の登録運動で注目されている国立西洋美術館の企画展、「フランク・ブラングィン」展を観て来ました。

西洋美術館の基礎となったのが、松方幸次郎の収集した松方コレクションです。松方の収集した美術品を展示する美術館を建設する計画まで立てられていましたが、残念ながら、関東大震災に端を発する経済危機でそれはかなわぬこととなってしまったそうです。

さて、その収集に協力していたのが、自身も画家であるブラングィンだったそうです。

今回の展示は、ブラングィンや彼に関係する画家の絵画等の作品、そして、ブラングィンが手がけた壁画の映像作品等が展示されていました。

ブラングィンはアール・ヌーヴォーの画家に含まれるようですね。

巧みというわけではないのですが、ブラングィンの作品は労働者が描かれていたりして題材に親しみのあるものもあり、そして、赤などの色彩がとても豊かでした。

そして、松方の美術館の設定画から起こされたCG映像も流されていました。

今ある西洋美術館より、もっと芸術的なデザインでした。

松方氏はさぞ無念だったでしょう。

そういうわけで、この展示会は、常設展を観にいくとさらに楽しめます。

|

« 「水戸が萌(も)えた日」が放送されます! | トップページ | ブログネタに参加してみる「最近、増えすぎなんじゃないの?と思うものは」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/48310784

この記事へのトラックバック一覧です: 『フランク・ブラングィン』展を観て来ました。:

« 「水戸が萌(も)えた日」が放送されます! | トップページ | ブログネタに参加してみる「最近、増えすぎなんじゃないの?と思うものは」 »