« スレイヤーズbotも参加『 スレイヤーズ!キャラグミン組み立て&ゆるカフェオフ会 in 東京』の件 その2 | トップページ | ブログネタに参加してみる『ここ10年で評価できる総理は?』 »

2010年に見た映画まとめ前半

もう、2011年も2月ですね。

映画をそれなりに見ましたが、ブログをしっかり更新していなかったので、いまさらながら感想です。

『アバター』
映像は美しかったですね。
ただ、物語としては陳腐……ちょっとひねりが足りない。
その辺りが、アカデミー賞を逃した理由なんでしょうが……

『のだめカンタービレ 前編&後編』
外国人キャストの吹き替えはともかく、西洋人役をむりやり日本人に演じさせるのはちょっと気になった作品でした(ドラマ時から)。ベッキーやウエンツはともかく、なたぎは……
映画に落とす都合上、削られたエピソードや人物は多いのですが、ちゃんと重用なシーンは残っていますし、映画に出なかったヴィオラ先生や千秋父の代わりに、ミルヒーが父親的役割を果たしているというクライマックスの変更は素晴らしかったですし、ちゃんと最後の千秋ののだめの演奏シーンが丁寧に描かれているのもよかったです。
この物語は、のだめと千秋が共演をはたしたらいいとい話ではないのです。のだめが、演奏家としての覚悟を決めるまでの話なんです!!

『東のエデン 劇場版Ⅱ Paradise lost』
東のエデンの完結編
感想は見た当時に書いたので完結に
完結編はすべて解決しないで、想像の余地があるほうがいいという意味ではいい完結編でした。

きっと、二人は再会できたのだろうと……

『告白』
中学生が、学校の担任教師の子供を殺したという衝撃の告白から始まる話。
教師としてのノウハウをすべて使って、犯人を追い詰める女性教師が恐ろしかった。
そして、犯人の少年が、殺したことについて罪悪感を持っていないのも……
映像が頭にくるくらい綺麗で、ちょっと疑問が残る原作小説よりも映画のほうが私は好きである。

|

« スレイヤーズbotも参加『 スレイヤーズ!キャラグミン組み立て&ゆるカフェオフ会 in 東京』の件 その2 | トップページ | ブログネタに参加してみる『ここ10年で評価できる総理は?』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/50589831

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年に見た映画まとめ前半:

« スレイヤーズbotも参加『 スレイヤーズ!キャラグミン組み立て&ゆるカフェオフ会 in 東京』の件 その2 | トップページ | ブログネタに参加してみる『ここ10年で評価できる総理は?』 »