« HARUコミについて | トップページ | 風評に惑わされるな! »

地震から1週間です。

地震から一週間経ちました。

原発の二次被害……ついに始まりました。

茨城県南は徐々に復興しつつあります。

常磐線も土浦までですが再開し、商店も開かれるようになりました。
元々、車社会なのでガソリンを求めてGSに並ぶ人の列がまだ異彩を放っていますが、徐々に解消されるでしょう。

地震当日3/11」、私は茨城の千葉県よりの南の会社事務所にいました。
いつもより大きい地震があり停電が起きました。
逆に言えば、それだけだったので逆に情報がつかめませんでした。
茨城県全体がおかしいということはわかりましたが、会社にラジオなどはなく、携帯もろくにネットに繋げない状況でした。
会社を普段より早く出ましたが、道は電気の通っているところと停電しているところがあり、普段混んでいても一時間で付く道のりで四時間かかりました。
自動車の中でラジオを聞いてやっとこれが、東北を襲った大きな地震という事がわかりました。

自宅は、停電・断水しており、カセットコンロで沸かしたお湯で作ったカップラーメンがその日の夕食でした。

3/12も、停電していました。
家の被害状況は、建物は鉄骨だったので壊れてはいませんでしたが、食器が2/3くらい割れていまして、元々本で散らかっていた私の部屋は片付けないと寝られない状況でした。

付近の状況も、家が壊れたというところはありませんが、ブロック塀が倒れたり、かわらが落ちた家が数多くありました。

夜中になって電気がつきました。
TVをつけると、堤防を越えて津波が押し寄せる宮城県の映像が映ってきました。
私が今回の地震の本当の規模を知ったのはこのときです。

3/13、近所のスーパーに買い物に行きました。
私の家は、新型インフルエンザ対策として、1週間くらいは持ちこたえるくらいの水を常備してあったので、断水中でも飲み水だけは確保していたのですが、いざというときのためにすぐに食べられる食料を大目に買いました。
さすがに衛生状態が気になったので、井戸水の使える近くの親戚の家で、お風呂を借りました。

3/14、会社に行きました。
私の会社は企業や工場向けの商品を扱っているので、下手に休めないのです。
断水中だったので、普段着でしたが……

3/15やっと給水が始まりました。

3/16茨城県でも福島原発による被爆が心配されるようになりました。

そして、今週末になり、大体の店は時短短縮、照明を通常より落としてですが営業を再開しています。

さて、とうとう私が恐れていたことが始まりました。
原発が原因の風評被害です。

これについては、また別の記事で詳しく述べます。

|

« HARUコミについて | トップページ | 風評に惑わされるな! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/51157631

この記事へのトラックバック一覧です: 地震から1週間です。:

« HARUコミについて | トップページ | 風評に惑わされるな! »