« コミックマーケット80に参加してきました! その2 | トップページ | ブログネタに参加してみる『あなたは寝るとき何を着る?』 »

マルドゥック・スクランブル 燃焼 の舞台挨拶に行きました。

マルドゥック・スクランブルは元々好きな作品だったので、今回の3部作の映画化はとても楽しみにしていました。

元々、本日17日はかねてから行きたかった国立西洋美術館の『古代ギリシア展』を見に行く予定だったのですが、それなら少し足を伸ばせば、千葉で行われる舞台挨拶に行けると気が付きまして、前日の16日、昼休みにネットで思い立ってチケットを取りました。

ところで、私が住んでいるのが茨城県の常磐線沿いなのですが、千葉県って結構電車では行きづらいので、常磐線で行ける所と、成田・舞浜以外は自発的に行った事はなかったりします。

まず、上野で『古代ギリシア展』と『恐竜博2011』で観に行ったあと、千葉に移動ちなみに東京方面からは、総武線で行けるので、それほど困難な道筋ではないですね。

そういうわけで、舞台挨拶のある京成ローザに到着。
少しは早めには付いたのですが、いまいち喫茶店とかで時間をつぶす気にもならず、劇場のロビーで少し時間をつぶした後、劇場に入りました。

ちなみに、劇場は綺麗ですがそれ程大きくない会場で……舞台挨拶って、大きいところだからあるというわけでもないんですよね。

時間になりまして、林原めぐみさんとプロデューサーの中西豪さんが登場。
めぐさんは、劇中のバロットを連想させるような、赤いドレスでした。
作品観賞前の舞台挨拶ということで、作品内容というより製作の裏側や、アフレコの様子といった話になりました。

今回の前に、一度別の製作会社で製作中止になったときの話とかですね。
アニメ誌にも一度情報が載りましたし、HPまで出来ていましたから……
当時もバロットを演じる事になっていためぐさんが、原作の冲方先生に手紙を書いたという話はラジオでも言っていましたが、中西さん側の話も出てきました。

また、アフレコの話も登場。
これも興味深かったです。

私は、一度別の劇場で見ていたのですが、今回も60分とは思えない密度の濃い話でした。

前半の楽園シーンの視覚効果も素晴らししく、また後半のカジノシーンのバロットの未完成の少女の美しさも格別です。

カジノシーンでベル・ウイングという女性が出てくるのですが、演じている藤田淑子さんの演技もあいまって、とってもかっこよかったです。

唯一の不満は、若本規夫さんの出番が少なかったことですかね。

まあ、これ以上はネタばれになるので控えます。

ともあれ、短い時間でしたが、すごく楽しかったです。

そして、帰りは乗り換えはちょっと面倒でした。

|

« コミックマーケット80に参加してきました! その2 | トップページ | ブログネタに参加してみる『あなたは寝るとき何を着る?』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/52758708

この記事へのトラックバック一覧です: マルドゥック・スクランブル 燃焼 の舞台挨拶に行きました。:

« コミックマーケット80に参加してきました! その2 | トップページ | ブログネタに参加してみる『あなたは寝るとき何を着る?』 »