« 大阪初参戦! スレイヤーズオンリー「すりっぱすとらっしゅ」&「キャラグミン教室」参加の件!その1 | トップページ | 大阪初参戦! スレイヤーズオンリー「すりっぱすとらっしゅ」&「キャラグミン教室」参加の件!その3 »

大阪初参戦! スレイヤーズオンリー「すりっぱすとらっしゅ」&「キャラグミン教室」参加の件!その2

さて、イベント当日のことがUPされないままでした。

その間に、冬コミの当落発表があり、弊サークルは当選しました。
今まで、夏冬連続当選したことがなかったので、正直戸惑っています。
もしかしたら、この後二年間当選しないのではないかとビビッています(二年落選のサークルは救済処理でその後の申し込み時に当選できる)。

そちらは別の記事で書きます。

イベント当日の朝、私はネカフェにいました。
ペーパーを作るためです。ペーパーといっても、私の作ったのは近況報告や通販の連絡ではなく、次回製作予定の中篇の宣伝もかねた掌編を乗せたのですが。
なんせ、出発の前日まで原稿作業をしていまして、出発前夜はサイトの更新や配布物のPOPを作るのが精一杯だったからです。
一時間半ほどで掌編を書き印刷。

一度ホテルに戻り支度すると、宿泊組でイベント会場の隣にあるサブウェイでモーニングを食べました。ちなみにモーニングはスタンプカード押してもらえないのですね。

東京のイベントのときは、早朝自宅を出て電車に乗りちょっと迷いながら会場にというあわただしい朝ばっかりだったのでだいぶ余裕のある朝でした。

時間になり会場に入場。

Nec_2951 いつものように配布物のディスプレイをしたのですが、期間2冊に新刊2冊…イベント会場で自分で並べながら、触手本が正面に並んでいる様は、妙にシュールでした。

ちなみに、触手黒は黒表紙に白インクでこだわりました。本当は箔押もしたかったのですが、自分の印刷ロットだとあまりにも高いので断念しました。

時間になり、イベント開始。
初めて関西のイベントでの参加ということで、関西イベントのみのお客様がまとめて購入下さったこともあり、売れ行きはサークル活動を始めてから一番でした。おかげで、今回の印刷代+αくらいは回収することができました。
関西のサークルさんも、「触手」シリーズは度肝を抜かれたようです。
ちなみにこのシリーズ4冊中3冊は健全、残りの1冊もあくまで女性向けです。

会場では、ストラップの販売と抽選があったり、スレイヤーズ曲ランキングがあったり、ハロウィン企画があったりと企画が盛りだくさんでした。

そして、今回はコスプレのあるイベントだったので、たくさんのレイヤーさんが参加。なかなか見ごたえがありました。
(写真もあるのですがレイヤーさんに掲載許可を取っていないので、ブログにはUPしません)

そして、キャラグミンでおなじみのボークス。
堂々と出展していました。
コミケのような大きなイベントならともかく、個人主催の同人誌即売会で版権グッズが売られるのを初めて見ました。

Nec_2953 イベントが終わって、今日も開催のキャラグミン教室に向かいました。

昼食を食べていなかったので、途中ボークス近くのカフェでフレンチトーストを食べたりしました(なんだか食べてばっかり)

日曜日ということもあり、教室は結構人が入っていました。

先日使わせてもらったセラミックナイフが使いやすかったので、オンリー会場でもらった割引チケットを使って購入。

まあ、私自身は買い物がありましたが、このキャラグミン教室。イベント時に買い物をしなくても、キャラグミンシリーズを持っていれば誰でも参加できるということで、だいぶ親切なイベントです。
しかも、お菓子とか飲み物も出ますし。

機会があったら、また参加したいです。

長くなったので、その3に続きます。

|

« 大阪初参戦! スレイヤーズオンリー「すりっぱすとらっしゅ」&「キャラグミン教室」参加の件!その1 | トップページ | 大阪初参戦! スレイヤーズオンリー「すりっぱすとらっしゅ」&「キャラグミン教室」参加の件!その3 »

同人サークル(おたく)のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/53115077

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪初参戦! スレイヤーズオンリー「すりっぱすとらっしゅ」&「キャラグミン教室」参加の件!その2:

« 大阪初参戦! スレイヤーズオンリー「すりっぱすとらっしゅ」&「キャラグミン教室」参加の件!その1 | トップページ | 大阪初参戦! スレイヤーズオンリー「すりっぱすとらっしゅ」&「キャラグミン教室」参加の件!その3 »