« 子宮内膜症の定期健診でした。 | トップページ | 「大エルミタージュ美術館展」を見てきました。 »

「PERSONA4 the Animation -the Factor of Hope-」を見てきました。

「PERSONA4 the Animation -the Factor of Hope-」を見てきました。

PERSONA4 the AnimationのTVシリーズの再編集とパッケージ版のみだった『True End Episode』をあわせた構成で、映画ではなく上映イベントという扱いだそうです。

病院に検診に行くのにあわせて有休をとったので、平日に見に行けました。
半年以上ぶりの有休でした。有休をくれない会社ではないのですが、自分の仕事があとに回せないタイプの仕事なので、有休がとりにくいのです。

ネタバレしない範囲の感想で言うと、ゲームの真エンドを単純にアニメ化したというより、TV版主人公の鳴上悠なりの答えがそこにあってよかったです。

ネタバレ感想は別窓にしておきます。

感想はこちら

|

« 子宮内膜症の定期健診でした。 | トップページ | 「大エルミタージュ美術館展」を見てきました。 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130462/54984312

この記事へのトラックバック一覧です: 「PERSONA4 the Animation -the Factor of Hope-」を見てきました。:

« 子宮内膜症の定期健診でした。 | トップページ | 「大エルミタージュ美術館展」を見てきました。 »